「ワンス・アポン・ア・タイム」が公開

写真拡大

東京ディズニーリゾートで初となるプロジェクションマッピングを活用した新エンターテインメントプログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」が2014年5月29日から始まる。26日、一般公開に先駆けて報道関係者などに公開された。

エルサとオラフの姿が登場

建物に合わせて映像を立体的に表現するプロジェクションマッピングが東京ディズニーランドで、夜のシンデレラ城をスクリーンに見立てて、「ふしぎの国のアリス」や「シンデレラ」、「美女と野獣」など、7つの物語が展開される。

物語は「美女と野獣」のミセス・ポットが息子のチップに絵本を「むかしむかし(ワンス・アポン・ア・タイム)」と読み聞かせるところからはじまる。ふしぎの国に迷い込んだアリスがトランプの兵隊に追いかけられたり、くまのプーさんがはちみつを探したりする様子など、シンデレラ城の壁面いっぱいに人気キャラクターたちが登場する。プログラムは約15分で、音楽、レーザーやサーチライトなどの特殊効果、花火などによる演出も。

報道公開日はあいにくの雨模様だったがプロジェクションマッピングに大きな影響はなく最後まで楽しめた。とりわけ注目なのは、現在公開中の大ヒット映画「アナと雪の女王」のエルサとオラフの姿が終盤に登場することだ。事前に配布されたプログラムには名前がなかったので、映画から飛び出てきたままのようなエルサに、驚きの声が多く上がった。先に挙げた作品のキャラクター以外にも「アラジン」や「リトルマーメイド」など、おなじみのキャラクターも出てくるので、ファンにとっては誰が出てくるのか探してみるのも楽しみの一つだろう。

「ワンス・アポン・ア・タイム」は毎日1、2回の上映予定。中央鑑賞エリアは当日抽選が行われる。詳細は公式ホームページで。