性行為の低年齢化に伴い堕胎増

ざっくり言うと

  • ロシア紙が26日、性行為の低年齢化を報じた
  • 専門家によると、早すぎた性生活により、堕胎が激増しているという
  • 報道によると、41%が15歳までに処女を喪失し、うち1/5は13歳までに経験している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング