5月25日にインドのデリーで行なわれたバドミントン国別対抗男子トマス杯で、ついに日本は世界一に輝いた。

 決勝の場面、日本対マレーシアの勝負は、5試合目の第3シングルス※のファイナルゲームまでもつれ込んだ。
※第1シングルス→第1ダブルス→第2シングルス→第2ダブルス→第3シングルスの順で行なわれた。

 日本の上田拓馬(日本ユニシス)は現在世界ランキング25位。対するダレン・リュウは66位だが、鋭いスマッシュが武器で昨年5月にはランキング12位にもなっている選手。

 第1ゲームは相手のミスに付け込んだ上田が21−12と圧倒したが、第2ゲームは16−10とリードしてから反撃され、18−21で落とす。そしてファイナルゲームは序盤から互いに点を取り合う展開で、両チームの選手たちが一喜一憂する展開になった。

 その均衡が崩れ始めたのは12−12からだった。

 同点に追いついたばかりのリュウがミスを連発して上田が3点リード。そこからリュウも粘って追随したが、浮いた球を上田が叩き込んで再び2点リード。そして上田のロビングをリュウが見送ると、審判は「イン」のコール。それに対してリュウが判定見直しの"チャレンジ"をしたが、結果はシャトルがわずかにライン上に残っているという判定になった。そこから流れが上田に。最後はリュウのスマッシュがサイドラインを割り、21対17で78分にも及ぶ長い試合が決着した。

 だが、ここまでの戦いも熱戦だった。第28回を迎えたこの大会で、日本は初優勝を目指し、マレーシアは92年以来22年ぶり6度目の優勝を目指していたのだ。

 その気迫は世界ランキング1位ながらも、五輪や世界選手権のタイトルに縁がない不運の帝王・リー・チョンウェイが第1シングルスで見せた。日本のエースでランキング4位の田児賢一(NTT東日本)を21対12、21対16のストレートで破った。

 しかし日本も粘りをみせる。次の第1ダブルスでは世界ランキング3位の早川賢一/遠藤大由組(日本ユニシス)が、タン・ブンホン/フン・ティエンホー組に序盤は圧倒されながらも、相手のコンビネーションミスや疲労を突いて75分の勝負をものにして1勝1敗に。

 そして第2シングルスでは、世界ランキング14位でこの大会4戦全勝の19歳の桃田賢斗(NTT東日本)が、チョン・ウェイフェンに付け入る隙を与えず、39分で勝利を決めた。

 第2ダブルスの園田啓悟/嘉村健士(トナミ運輸・世界ランキング13位)は、ペアを組み換えてきたゴー・V・シエム/タン・ウィーキョンから第1ゲームは取ったが、その後突き放されて2勝2敗。優勝のゆくえは、ついに第3シングルスまでもつれ込んだのだ。

 そんな苦しい戦いなかで、粘りをみせた日本には伏線があった。

 2日目の準決勝では6連覇を狙う中国と対戦し、シングルスでは田児と桃田が、ダブルスでは早川/遠藤が勝利を収め、第3シングルスに控えていた北京・ロンドン五輪連覇の林丹を出すことなく、中国に歴史的な勝利を上げた。

 さらに女子もユーバー杯で24日の決勝こそ中国に1対3で敗れたが、23日の準決勝対インド戦では、0対2に追い込まれながらも第1ダブルスの高橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)と第3シングルスの廣瀬栄理子(ヨネックス)、第2ダブルスの前田美順/垣岩令佳(ルネサス)が3連勝し、大逆転で33年ぶりの決勝進出を果たしていた。

 そんな日本の快挙は、04年アテネ五輪後にスタートした計画的な強化によるものである。男女合わせてシングルス5名とダブルス4組が出場したアテネ五輪は、2回戦に進出した女子シングルスの森かおりの1勝だけ、と惨敗した。

 そこで日本バドミントン協会は、ダブルスで五輪、世界選手権を制覇し、引退後は各国のコーチを務めていた、"ダブルスの神様"とも称される韓国の朴柱奉(パク・ジュボン)氏をヘッドコーチに招聘。朴コーチは、それまで日本が五輪出場権を獲得するために行なっていた、格下の国際試合に数多く出てポイントを稼ぐ手法を廃した。逆に、最高峰のスーパーリーグに挑戦しながら世界のトップの戦い方を肌で感じることで、選手たちに「世界と戦う」という意識を身につけさせた。

 その取り組みは、07年世界選手権では小椋久美子/潮田玲子(三洋電機)と池田信太郎/坂本修一(日本ユニシス)の銅メダル獲得につながり、08年北京五輪では男子ダブルス舛田圭太/大束忠司(トナミ運輸)の5位や、女子ダブルス末綱聡子/前田美順(NEC九州・山口)の4位、小椋/潮田の5位につながった。

 さらにシングルスでも佐藤翔治(NTT東日本)と廣瀬のベスト16入りという結果になって表れた。

 その勢いは止まることなく、12年ロンドン五輪での藤井瑞希/垣岩令佳(ルネサス)の銀メダル獲得へと結実していく。

 またそれだけではなく、朴ヘッドコーチの一環指導は、12年世界ジュニアの桃田と奥原希望の男女アベック優勝に始まり、13年世界ジュニア女子シングルスの山口茜と大堀彩の金・銀獲得。

 さらに今年は山口の連覇と大堀の3位に加え、男子ダブルス玉手勝輝/中田政秀(埼玉栄高)では銀メダル、混合ダブルス渡辺勇大/東野有沙(富岡高)では銅メダルを獲得。混合団体でも12年の2位以降、13年と14年は3位と、着実に次世代の底上げも実を結んできた。

 今大会の男子団体優勝と女子団体2位の成果も、そのジュニア世代の桃田や山口の活躍あってのもの。アテネ五輪後からのじっくりと腰を据えた強化で、ベテランと中堅、若手のバランスが上手く取れ始めた日本バドミントン界。これからの期待は今回の快挙達成で、ますます膨らんできた。

折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi