RBCヘリテージ(4月17日〜20日/サウスカロライナ州)以来、5戦ぶりに石川遼と松山英樹が顔をそろえたクラウンプラザ招待(5月22日〜25日/テキサス州)。まず石川は、ここ最近続いている初日の"出遅れ癖"に泣いた。2オーバー、82位タイでスタートすると、2日目はイーブンパーで回って順位を上げたものの、カットラインに1打及ばずに予選落ちした。

「おそらく自分は、初日の平均スコアが4日間でいちばん悪いと思う。そこはウィークポイントだと思うし、自分はスロースターターだな、と改めて痛感している。内容的には、今大会はショットが足を引っ張っていた。2日目、最後の上がり3ホールで3連続バーディーのチャンスにつけていなければ、『絶不調』って言おうと思っていたほど。それぐらい(ショットは)自分でしっかりコントロールできていなかった。真っ直ぐ飛んでいたのは、たまたま。それでも、最後に手応えのあるショットを打てたのはよかった。気分的にはすっきりしているし、次の試合が楽しみになりました。

 ともあれ、フェデックスランキングが(シード圏内の)125位以内に入っている選手というのは、誰でも勝てる力を持っていると思う。でも、今の自分(43位。5月25日現在)は結果を出せていない。それは(米ツアーで戦う選手として)殻を破れていないから。そういう意味では、今は自分にとってとても大事な時期。ここで殻を破って、ひと回りも、ふた回りも大きな選手になりたい。そのためにも、もう一度気合いを入れ直して、しっかりと体を作って練習ができるようにしたい」

 一方の松山は、米ツアー初勝利へ最大のチャンスを迎えたが、最終日にスコアを伸ばせず、通算6アンダー、10位タイに終わった。

 初日、1アンダー、24位タイでスタートした松山。2日目は、イーブンパーで終えて、順位は36位タイと後退した。だが、3日目が圧巻だった。6バーディー、ノーボギーの「64」と、米ツアーの自己ベストをマーク。通算7アンダーとして、首位に浮上したのだ。

「今日(3日目)は、パットがよかった。その分、ショットもリズムよく打てて、(ボールが)ピンに絡んでくれた。状態は上向き? その実感は沸いてきているし、パッティングの自信も少しずつ戻ってきている。明日(最終日)は、久しぶりの優勝争いなので、緊張すると思う。それを、どうやって克服していいプレイに結びつけるか、考えながらやっていきたい」

 米ツアーでは初の最終日最終組で迎えることになった松山。普段はあまり感情を表に出すことはないが、さすがに初優勝が手の届く位置にあるからか、幾分緊張した表情を見せた。

「優勝争い? 緊張しても、今日みたいに粘り強くプレイできればいいな、と思っています。ただ、不安のほうが大きい。もちろんワクワクする気持ちもあるけど、『(自分の)よくない部分がすべて出てしまったらどうなるんだろう』とか、『今日よかったパッティングが、明日はまったく入らなかったらどうなるんだろう』とか、すごくマイナスなことばかり考えてしまう。それは(日本にいるときから)いつもですよ。プラス思考で考えることは、あんまりないんです」

 意外な答えだった。「怪物」と称される松山。常に堂々とプレイし、どんな大舞台に立っても動じていないように映る彼からは、想像できない言葉が漏れた。

 迎えた最終日、そんな松山の気持ちがいきなり揺らいだ。1番パー5の第3打、「ピンに絡む」と自信を持って打ったボールが、ピン奥11mもオーバーしてしまったのだ。以降、松山はショットに対する不安感を抱えたままプレイ。その不安はパットにも影響したのか、2番でボギー、9番でダブルボギーを叩いて、優勝争いから脱落した。

「2番の3パット(のボギー)も痛かったけど、1番の3打目ですね。自分ではピンについたと思ったショットが、かなりオーバーした。そこから、自分の中で(ショットに対する)不安が芽生えて、ちょっと警戒しながら打つようになってしまった。結果、昨日までとは違うスイングになってしまい、ますますショットが狂い始めた。一発のミスショットの狂いを、すぐに立て直せるだけの力は、まだ自分にはない。

 加えて、2番のバーディーチャンスをボギーにしてしまった。自分で苦しい流れを作ってしまったかな、と思う。大事なところでのパッティングがまだまだ......。最近優勝争いをしていないので、そのボロが出てしまった。優勝のチャンスは間違いなくあったのに、それを自分のミスで生かし切れなかった。残念です。

 それでも今大会、予選を通過して1日どこかで爆発することができれば、上位争いできることがわかった。それは、大きい。最終組? それも、日本ツアーでやっているときの緊張感と変わらなかった。まあ、日本でも、アメリカでも、優勝争いに変わりはないんですけど。とにかく、こういう(優勝を狙える)チャンスでのラウンドを何回もやっていけば、優勝争いにも自然と慣れてくると思う。そのためにも、こういう位置でもっともっとプレイしなければいけない」

 1月のフェニックスオープン(1月30日〜2月2日/アリゾナ州)でも、一時はトップに1打差まで迫りながら、終盤の大事な場面でボギーを叩いて優勝のチャンスを逃した。そこから「進歩はない」と松山は言う。だが、経験値は確実に増している。まして、今季はここまで思うようなプレイができていなかった。それが今、「ようやく戦えるようになった」と松山は語る。優勝する順番は、まもなく回ってくるはずである。

武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko
text by Sportiva