子供たちに人気のアニメ「妖怪ウォッチ」をご存知であろうか? 第2のポケモンの登場とも言われるほど、子供たちの間では人気を誇っている。ビジネスモデルもポケモンに似ており、アニメ、Nintendo DSでのゲーム、ゲームセンターでのガチャやグッズ販売などキャラクターのマルチメディア展開を行っている。

 わが家の小2の息子も、以前はポケモンにハマっていたのが、今や完全に妖怪ウォッチ一色だ。アニメの最後で流れる軽快なテンポのテーマソング「ようかい体操第一」はラッキイ池田氏が振り付けを担当している。これがまた子供たちに人気である。わが家では2歳の次男もこのテーマソングが流れると「妖怪ウォッチッチ」と言いながら踊りだす。簡単な踊りで子供でも覚えやすい。

おもちゃの「メダル」は店頭から蒸発

 テレビアニメはテレビ東京系列にて放映されており、おもちゃ系グッズはバンダイナムコ(バンダイナムコHD:7832)が取り扱っている。中でも2枚180円で販売されているおもちゃの「メダル」が子供たちの間で人気となっており、今やほぼ購入不可能、店頭に並んでも瞬間蒸発をする状況である。巷では、メダルを買い求めるお父さんたちがおもちゃ販売店や家電量販店でうろうろする様子がニュースとして報道されるほどになっている。

 私も実際にそれら量販店にメダルを買い求めに行ってなしのつぶてを食らった立場であるが、実際、同じようなお父さんたちが店員に「メダルないですか?」と聞いて回っていた。メダルを高値で転売する業者も登場している。

視聴率はアニメ部門トップ10入り

 妖怪ウォッチのアニメの平均世帯視聴率は5%程度であり、アニメの中ではトップ10入りしている。

 アニメの視聴率の上位番組は、サザエさん、ちびまる子ちゃん、ドラえもん、クレヨンしんちゃんなど長寿常連組であり、それら番組は、見ることが家族にとってあるいは子供にとって習慣化しているわけで、放映開始から数か月でトップ10入りを果たしているというのは上々の出来であろう。また、ポケモンの視聴率をも上回っている。

 アニメの内容はストーリーが面白く、また、なかなかにシュールであり、大人も十分楽しめてしまう。前提は、全ての出来事は妖怪の仕業である、である。例えば誰かがモテないのはモテない妖怪がついている、怒るのも、気分が落ち込むのも、ハッピーなのも、やる気が出るのもすべてそれぞれに関連する妖怪がその人についているから、ということになる。落ち込んでいる時にその落ち込む原因となっている妖怪を追い払えば、ハッピーになるというわけだ。

 子供向けの番組は大きく分けると二つのタイプに分けられるかと思う。一つは正義が悪を倒すもの。いわゆるアンパンマン、ゴレンジャー系である。古くは北斗の拳、ガンダム、ドラゴンボール、キン肉マンなども広い意味で悪と正義の戦いがテーマとなっており、この分野の歴史は古い。

 もう一つはギャグマンガ、あるいはほのぼのマンガである。クレヨンしんちゃん、ちびまる子ちゃんなどはこの部類に入るであろう。

 妖怪ウォッチはこの二つのタイプのミックス系である。敵との対決が存在する故に、妖怪ウォッチのゲームが成立するのであるが、アニメの中での対決シーンでは出てくるキャラクターにおまぬけ感があったりして、対決シーンなのにほのぼの感、あるいは、クスッと笑ってしまうギャグ感がある。

 30分枠のアニメであるが、ドラえもんやクレヨンしんちゃんのように、妖怪ウォッチも毎回いくつかの話で構成されている。メインのお話以外は特集コーナー的な小話で構成されており、その中身はギャグっぽく、シュールであり、大人をも魅了する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)