片山被告の保証金600万円を没収

ざっくり言うと

  • PC遠隔操作で保釈が取り消された片山被告
  • 東京地裁は23日、同被告の保釈保証金のうち600万円を没収する決定をした
  • 保釈保証金は総額1千万円で、被告の母が定期預金を解約し工面したもの

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング