●友達と海。

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©葉月抹茶・スクウェアエニックス/「一週間フレンズ。」製作委員会
<キャスト>
長谷祐樹:山谷祥生
藤宮香織:雨宮 天
桐生将吾:細谷佳正
山岸沙希:大久保瑠美
藤宮志穂:中原麻衣
井上潤:間島淳司
芹沢舞子:角元明日香
西村藍:田辺留依
九条一:浅沼晋太郎

●ストーリー
僕らは一週間を繰り返す。
何度も、何度でも―。

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。
●オープニング
藤宮香織「ねえ、長谷くん。私、海に行きたいな。」
長谷祐樹「えっ、海?」


彼女からの思いがけない海への誘い。もちろん、桐生将吾と山岸沙希も一緒ですが…。

長谷祐樹「長かった…。」

彼の彼女との初めてのデート?が海!彼も感慨深いものがあるでしょう。
●海に行く
桐生将吾「暑い、だるい。」
長谷祐樹「本当は行きたいんだろ。そこをなんとか…。お願いですから海に来てください!」

※立場が弱い長谷祐樹。

山岸沙希「香織ちゃんと海?行く、行く〜。」

結局、桐生将吾は長谷祐樹の連絡係になってる!

海に行く当日の朝、

山岸沙希「わ〜、香織ちゃ〜ん。」

山岸沙希、藤宮香織に抱き付く!

そう言えば山岸沙希、未だに長谷祐樹と桐生将吾の名前を覚えられず!

藤宮香織「長谷くん、タコさんウインナー、本当に足から食べるんですね!」

普段なら気にも留めないような些細な所作を日記に書き留めておく藤宮香織。それが彼女の繊細な性格を表しているようでもあり…。

肝心の海、到着した瞬間に大雨と強風!

桐生将吾「海は無理だな。諦めて帰ろう。特に山岸!」
山岸沙希「わ〜、飛ばされる〜。」

それでも砂遊びやボール遊びに興じる藤宮香織と山岸沙希。結構楽しそうだったり。
●雨宿り
雨宿り。

藤宮香織「私、ゲームセンターに入ったの初めてなんだ!」

彼女にせがまれてクレーンゲームに挑戦する長谷祐樹。しかし、あまりにも下手!そこにやってきた桐生将吾、一度に2つの縫いぐるみをGET!

プリントシール機での撮影、何もかも初めての藤宮香織にとってどれも大切な思い出。
●長谷くん、あのね…。好きだよ!花火。
漸く晴れた海、お弁当は先ほど食べてしまったので買い出しに出る事に!

長谷祐樹「良し、じゃんけんだ!」

その結果、桐生将吾と藤宮香織が買い出しに!

※じゃんけん作戦大失敗!

山岸沙希「ねえねえ、香織ちゃんのどこが好き?顔?性格?私、よく抱きついているから。結構胸あるよね!」

かなりエ○い山岸沙希。

同じような質問を藤宮香織にする桐生将吾。彼女は友達をして見ているようですが、恋人になりかけているような気も。

桐生将吾「長谷、お前、もっと押したほうが良いかもな。」

そんな感じでちょっとだけ海に入る藤宮香織と長谷祐樹。

藤宮香織「今日の事、忘れないと良いな!」

花火をしているときに、

藤宮香織「長谷くん、あのね…。好きだよ!花火。」

彼女の言葉にちょっとだけ空いた間。彼女が好きだったのは花火では無く…。

「一週間フレンズ。」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「一週間フレンズ。」第7話「私、長谷くんの事、好きだよ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第6話「藤宮志穂、娘の記憶を語る。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第5話「半分このクレープ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第4話「彼女の心の日記」(ネタばれ注意)
【アニメ】「一週間フレンズ。」第3話「桐生将吾、失礼ながらも…」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「一週間フレンズ。」TVアニメ公式Webサイト
「一週間フレンズ。」AT-X公式Webサイト