マツコ・デラックス

写真拡大

26日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、宇多田ヒカルの挙式に関する新聞記事を紹介する際、日本人の海外挙式についてマツコ・デラックスが声を荒らげる一幕があった。

この日放送の「夕刊ベスト8」のコーナーでは、「宇多田ヒカルの挙式費用」と題し、日刊ゲンダイの記事を取り上げた。

歌手の宇多田ヒカルがイタリア人男性と、23日にイタリアの「サンタ・マリア・アッスンタ教会」で挙式をあげたが、実は一般の日本人でもイタリアで結婚式を挙げるカップルは少なくないという。リゾートウエディングサイトによると最も人気の高いヨーロッパ挙式は、フランスのモン・サン=ミシェルだそう。

そして、挙式の費用として、モン・サン=ミシェルが2人で71万4,000円、宇多田が挙式をしたアッスンタ教会は2人で29万8,000円と意外に格安で、これを機にイタリア婚ブームに火がつくのではないかという内容の記事を紹介した。

司会のふかわりょうが株式評論家の若林史江氏に海外での挙式をしたい希望があるか問われると、若林氏は「ない」と即答。その代わり、派手で多くの人に来てもらいたいと自身の理想の結婚式像を語った。

その発言を聞いたマツコは「恥ずかしいから止めな」と一言。さらに「ババアの自己主張ほどツラいものはない」「お前なんかひっそりと籍だけ入れてりゃいいんだよ」と、ツッコミを入れ、笑いを誘った。

さらに、マツコは「モン・サン=ミシェルで、よく図々しく挙式なんかできるよね。恥ずかしくないの!?」と、ヨーロッパで結婚式を挙げる日本人カップルを批判。

続けて「薄ボケた顔した東洋人がモン・サン=ミシェルでやってたらさ、フランス人みんな指差して笑ってるよ!?」と、ヒートアップした口調で続けた。

司会のふかわりょうが「こんな時ぐらいはっていうのがあるんじゃないでしょうか」とフォローを入れたが、若林氏は「でも2人で71万円だよ」と、その挙式費用の高さを指摘した。

するとマツコは「でも、モン・サン=ミシェルがさ、薄ボケた顔の東洋人にさ、挙式してもいいよって言ってくれてるんだから、71万円なんて安いって。モンサン…世界遺産だよー!?」と、さらに怒気を帯びた口調でまくしたてた。

続けて、マツコは「どうすんのよ、法隆寺でさー、フランス人が結婚式したいって言ってきたらあんた、快く貸す?『お前に分かってんのか法隆寺!ころヤロー!』って、思うでしょうよ。それと一緒だって」と日本人が海外の世界遺産で挙式を上げることの滑稽さを指摘した。

このマツコの荒ぶり具合にさすがのふかわも「マツコさん、なんでそんな怒ってるんですか」とツッコミを入れたが、マツコは「えー!あんたが復活したから怒ってんのよ!」と、ふかわに八つ当たりのような返答をし、ふかわは「失礼しました」と特に反論もせず謝った。

ちなみにふかわは、急性声帯炎のため、先週5月19日(月)から23日(金)までの同番組を休養し、この日26日(月)から番組に復帰していた。

【関連記事】
ふかわ、生放送復帰も祝われず マツコらに嘆き節
宇多田結婚式に母の藤圭子さんも“出席”
マツコ・デラックスが暑さに早くも冷房使用を検討 「日本の夏は長すぎる」「5月中旬から10月中旬まで夏」