池波正太郎『闇の狩人』、中村梅雀主演で時代劇制作へ 放送は今秋

写真拡大

 時代劇専門チャンネルとスカパー!は、2010年から行っている、池波正太郎作品を原作にしたオリジナル時代劇『鬼平外伝』シリーズに続き、『闇の狩人』の制作決定を5月26日発表した。

 主演はオリジナル時代劇第1作『鬼平外伝 夜兎の角右衛門』でも主演をつとめた、中村梅雀。シリーズ4年ぶりとなる今回の主演について「再び主演する機会をいただけて、とても光栄に思います。」とコメントしている。なお、本作は5月10日に既にクランクインしている。

【関連:東北道、羽生PA(上り線)に池波正太郎「鬼平犯科帳」の世界が登場】

中村梅雀

 放送は前篇・後篇の2部構成からなる3時間で、時期は今秋を予定。
出演者は、中村梅雀の他に、風吹ジュン、福士誠治、谷村美月、加藤武、波乃久里子、石橋蓮司、津川雅彦が決定している。

 原作『闇の狩人』は、『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』のエッセンスを凝縮した作品として、池波ファンの間でも知る人ぞ知る名作。
記憶を失った一人の若者が、江戸の闇社会に生きる二人の男と出会うことから物語は始まる。二人は、若者のもつ純粋さ、ひたむきさに心打たれ、若者の行く末を案じながらも、それぞれ全く違った形でその若者に相対する。