●コノハの世界事情

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー(小桜 茉莉):花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ(九ノ瀬 遥):宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ(鹿野 修哉):立花慎之介
ヒビヤ(雨宮 響也):富樫美鈴
セト(瀬戸 幸助):保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣
ヒヨリ(朝比奈 日和):小岩井ことり
ケンジロウ(楯山 研次朗):藤原啓治

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●プロローグ
榎本 貴音「先生、コノハは?私が目を離していたから…。」

九ノ瀬 遥が倒れた原因、彼女に直接の原因があるわけではないのですが…。
●榎本 貴音の死亡、エネの誕生
榎本 貴音「今日はあいつが一緒じゃないの?」
楯山 文乃「私は補習、シンタローは成績優秀だから…。」


榎本 貴音は学校で倒れた九ノ瀬 遥の荷物を回収するためにやってきたのですが、

楯山 文乃「貴音さん、遙さんが倒れたとき、いつも一緒ですね。」

確かにその通り。その後、榎本 貴音はケンジロウの薬品実験の失敗により肉体は死亡したものの、電脳体の「エネ」となり、シンタローのパソコンに住む事となったようです。

その頃の記憶を殆ど失っているエネ、アヤノ(楯山 文乃)の事もその後再認識したようです。
●エネ、自分語り
エネ「ご主人様(シンタロー)は私の後輩だったんですね!」

少々ややこしいのですがシンタロー(如月 伸太郎)の同級生であったアヤノ(楯山 文乃)は彼の元同級生。

色々あるのですが、キド、セト、カノは同じ孤児院で姉弟同然だったわけで。

エネ「シンタローはアヤノちゃんが好きだったんです。そんな彼女を助けられなかった負い目で今でもうなされているんです。」/b>

そんなエネが榎本 貴音であった事をシンタローは知りません。

アヤノが自殺した日、エネにとってもう一人大切な人を亡くしています。それはコノハ(九ノ瀬 遥)。

九ノ瀬 遥が死んだ日、その日から彼はコノハとして生きる事になります。但し、彼の身体は死んでいるため人造人間として。

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第6話「閃光のエネ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第5話「引○籠もりと記憶喪失」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第4話「答えの無い迷宮」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第3話「モモ、シンタローと再会!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第2話「モモ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト