●死に手(サクリファイス)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 2014 榎宮祐・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/ノーゲーム・ノーライフ全権代理委員会
<キャスト>
空(そら):松岡禎丞
白(しろ):茅野愛衣
ステファニー・ドーラ:日笠陽子
ジブリール:田村ゆかり
クラミー・ツェル:井口裕香
フィール・ニルヴァレン:能登麻美子
初瀬いづな:沢城みゆき
テト:釘宮理恵

●ストーリー
ニートでヒキコモリ……だがネット上では『   』くうはくの名で無敗を誇る天才ゲーマー兄妹・空と白。ただの都市伝説とまで言われるほどの常識外れな腕前を持った空と白の前に、ある日“神”と名乗る少年・テトが現れる。
テトはリアルをクソゲーと呼ぶ空と白の二人を異世界へと召喚してしまう。そこは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる世界だった!
異世界に住まう十六の種族の中で最弱の人類種イマニティ。多種族に国土の大部分を奪われ、滅亡寸前に追い込まれている人類種を救うため、空と白は空前絶後の頭脳バトルに挑む!
●オープニング
前回、具象化しりとりによってジブリールに勝利した空白。そのため、ジブリールは空白の所有物となっています。

今回は風呂嫌いの白もステフと共に入浴する事に!そこにやってきたジブリールですが、

エ○過ぎ18禁モード突入!

白「ジブリール、お座り!見てるだけ!」
ステファニー・ドーラ「この状況に慣れつつある自分が嫌ですわ…。」
●ぼく、ドラえ○ん
ジブリール「ドラちゃん、マスターより伝言です。」
ステファニー・ドーラ「えッー!ドラちゃんですかァ?」


※某ドラえ○ん風の表情になるステフ。

豪華キッチンと砂糖を含めた食材を頂いてご機嫌のステフ、空に対するツンデレフラグ立つ!

※空はステフにおやつを作って欲しかっただけのようです。
●東部連合
空「ではジブリールくん、俺に征服される獣耳に興じた強国、東部連合について聞かせて貰おうか。」
ステファニー・ドーラ「この国、だめかも知れない…。」


ジブリール「私ではマスター(空白)のご期待に添えないかと存じます。」

既にジブリールは東部連合に挑み敗退しているため、彼女では空白のお役に立てないようです。

東部連合の獣人種は心を読む能力があり、勝利に対しては対戦内容の記憶消去を要求してくるため、流石の空も苦慮していますが…。

空「いや、待てよ。そんな初見殺しな東部連合で挑んでくる国は無いはず!」

つまり、多少隙を作って攻め込ませた方が勝利の対価を得るためには有利なはず。そこに違和感があるようです。

ジブリール「良いところがありますわ。」
●違和感
東部連合に8回も戦いを仕掛けて全て敗北した人類種(イマニティ)、そしてジブリールが所属する天翼種(フリューゲル)も東部連合に勝負して敗退。

あまりにも悲惨な状況に絶望する空。それ以上に祖父の前国王を愚弄されて怒るステフ。

空「何故前国王は東部連合に8回も挑んだのか?それなりの良識人であるはずなのに…。」

彼が勝負の対価を調べると鉱山など、相当の価値があるものの加工技術が無い人類種には無用の長物。何故8回目で勝負を止めたのか?それに何の意味があったのか?

ジブリール「人類を信じているんですね。」
空「いや、俺は人類なんて信じていないのさ。でも人類の可能性を信じている。」


※それを信じるきっかけになったのが白。

その様子を見ていたステフは彼に鍵を渡します。

空「エ○本だな!」

彼がその鍵で隠し部屋を開いたとき、前国王が記した日記を見つけます。そこに書かれていたのは彼の戦略、彼は敗退を繰り返すことで東部連合が油断する可能性に賭け、そして相手の手の内を探っていたという事。

それは彼の死後、遺言により後継者を最強のギャンブラーと定め、託されたのです。

前国王は表面上こそ愚王なれど、実際は人類の可能性に賭けた偉大な人物だったのです。

「ノーゲーム・ノーライフ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第6話「壮大な布石」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第5話「偶然と思われる必然」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第4話「とんでもねえ、あたしゃ神様だよ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第3話「意思を持ったチェス」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ノーゲーム・ノーライフ」第2話「ステファニー・ドーラ、空に惚れる!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ノーゲーム・ノーライフ」TVアニメ公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」AT-X公式Webサイト
「ノーゲーム・ノーライフ」テレビアニメ化記念SP 「ノゲ杯☆最強ゲーマー決定戦」