24日放送の情報番組「新・情報7days ニュースキャスター」(TBS系)で、なでしこJAPANのワールドカップ(W杯)出場決定について伝えた際、ビートたけしが澤穂希選手をネタにし、スタジオに気まずい沈黙が流れる一幕があった。

番組では、今週テレビを騒がせたニュースワードランキングで、なでしこJAPANのW杯出場が決定したことや、ポール・マッカートニーの日本ツアーが中止したこと、宇多田ヒカルの結婚式などを紹介した。

司会の安住紳一郎アナウンサーは、サッカーについて触れ、ゲストで出演した天野篤(順天堂大学医学部心臓血管外科学教授)氏に「先生のお仲間がサッカーチームに帯同しているみたいですね」と質問。天野氏は、同じ順天堂の整形外科と内科医がサッカー協会の公認ドクターになっていると説明した。

これを聞いたたけしは「整形外科は澤選手をどうにかしてやってくださいよ」となでしこジャパンのMF澤穂希をネタにした。

すると、スタジオの空気は一変し、凍りつくような気まずい沈黙の後、安住アナや三雲孝江フリーアナウンサー、天野氏がわずかに苦笑した。

たけしもまずいと思ったのか「あんまり意味はないですよ」「深い意味はありません」と火消しに回り、安住アナも「深い意味はないですよね」と確認するように述べ、たけしの失言をフォローした。

番組はその後、再びサッカーチームに帯同する医師の話に。天野氏は、帯同する医師は「サッカーに詳しくなくとも全体のコンディションが診られる人」「整形外科は関節に強い人」が選ばれるとし、仕事内容は「楽しい」よりも「大変」であることを明かした。

【関連記事】
田母神俊雄氏、「ビートたけしのTVタックル」で、首相の靖国参拝は「毎月行けばいい」と発言 靖国参拝肯定派の東国原英夫氏も驚く
ビートたけし、日本に対する中国政府の姿勢に疑問「なんでアヘン戦争の賠償金もらわないんだって、いまだに思ってるもん」
ビートたけしの口癖「バカ野郎」「この野郎」のルーツを相方ビートきよしが語る