「テプラ」PRO SR55

写真拡大

オフィス・家庭用文具のキングジム(東京都千代田区)は、ラベルライター「テプラ」の発売25周年を記念して、初代機種「テプラ」TR55の復刻版モデルとなる「テプラ」PRO SR55を開発、2014年6月13日に発売する。価格は1万6800円(税別)。

書体、絵文字・記号を豊富に搭載

「テプラ」は、1988年に国内初の漢字変換が可能なコンパクトラベル作成機として開発され、2013年11月に発売25周年を迎えた。

復刻版モデルのPRO SR55は、初代TR55のデザインを再現して、ダイヤル入力方式を採用。キーボードの操作やローマ字入力が得意ではない子どもや年配の人でも、ダイヤルを回すだけで簡単に操作できる。対応ラベルは4〜18ミリ幅まで、カラーラベルや機能性テープが選べる。

搭載する機能は、「テプラ」の家庭向けモデルがベース。液晶画面は、見やすく、入力や編集がしやすい6文字×2行で表示される。書体は「明朝体」「ゴシック」「てがき」の3種類、絵文字・記号は813種類、外枠・表組みは70種類を用意。また、「ファイル登録」機能により、頻繁に作る名前やフレーズを5個まで保存できる。

本体色は、ブラックとホワイトの2種類。サイズは幅168×奥行き109×高さ65ミリ、重量は約390グラム(乾電池・テープカートリッジ除く)。