KINO公式サイトより

写真拡大

 4月、韓国の韓国南西部・珍島(チンド)付近で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で悪質なデマを流した女が逮捕されたが、日本でも過去に芸能関係者を名乗って詐欺まがいのトラブルを起こしていたことがわかった。

自称ダイバーのホン・ガヘ容疑者は、テレビのインタビューで船内に生存者が残っているなどと話し、捜査を混乱させた疑いがもたれている。さらに2年ほど前には、アイドルグループT-ARAメンバーの親族を名乗り、グループ内にイジメがあるとウソの告発をして世間を騒がせたこともある有名なガセ女であることが、韓国内のニュースで明らかになった。

 このホン容疑者、なんと4年ほど前には東京・赤坂の韓国クラブで働いていたことがあり、彼女に接客されたことがあるという実業家によると「父親が韓国のテレビプロデューサーだとして、日本人客に芸能関係のビジネスを持ちかけていた」というのだ。

「ちょうどKARAが人気でK-POPブームだといわれていた頃、彼女は日本語学校に留学しながら働いているということでしたが、父親のコネで韓国の女性タレントを紹介できると言っていました。日本での営業権を独占取得すればかなり儲かるという話で、その準備のために母国との往復の旅費を出してほしいと言っては、小遣いをせびっていたんです」

 この実業家がホン容疑者に金を渡すことはなかったが、ある有名な女性芸人の個人マネジャーは彼女に30万円を渡してしまったという。

「そのマネジャーはその後、容疑者と音信不通になったと嘆いていました。後で分かったことですが、日本語学校で知り合った友人たちには芸能関係者を名乗り、韓国の男性アイドルグループ、KINOのメンバーと友達だと偽って、彼らと一緒に極秘旅行できるとする権利を売っていたそうです。でも、その直後に解散してしまい、旅行も実現しないまま。お金を返してもらいたくても、ホン容疑者と連絡が取れない状態になっていたそうです」(同)

 また、若い俳優志望の男性に「韓国の映画会社が日本人キャストを捜している」と話し、仲介料を稼いでいたという疑いも新たに浮上。前出の実業家によると「日本語も上手で、話題も豊富。知的な女性という印象だったので、信用する人も多かったはず」というが、これらの話が事実なら、ガセ話の吹聴だけでなく、トンデモない詐欺の常習者ということになってしまう。

 韓国では、一部メディアがすでに「日本で金銭的なトラブルを起こして韓国に逃げ帰った」と報じているが、さらに自らを「作詞家」と名乗って金を騙し取ろうとしたり、野球選手の子どもを「身ごもった」と吹聴したりした話が次々と浮上。日本で彼女を知る者たちを驚かせている。
(文=ハイセーヤスダ)