●ダヤンのおいしいゆめ(後編)

(画像:「猫のダヤン」公式Webサイトより)
© Wachifield Licensing Inc.

<キャスト>
猫のダヤン:島本須美
マーシャ:竹達彩奈
ジタン:平山笑美
三人の魔女:ニーコ
シーム:宮本琴未
イワン(ワニ):小田敏充
バク:狭川尚紀
ウィリー:かないみか
月のおばさん:
リーマちゃん:押谷芽衣

●ストーリー
不思議の国、「わちふぃーるど」のお話は、数々の単行本の中で紹介されています。
新しい絵本が出るたびに、ニューキャラクターが登場したりして、ダヤンとタシルの街の住人は、いつも大騒ぎです。
●オープニング
ダヤンと共同生活をはじめたバク。当初はダヤンが昼寝をしたときの夢を美味しくいただいていたバグですが、ダヤンが昼寝をしなくなったため禁断症状が出始めています。
●ダヤン、失ってみてわかるもの
深夜、ダヤンが就寝中、激しい痛みを感じます。

ダヤンが慌てて起きると、何と、

バク、ダヤンの耳を齧る!

バク「ダヤン。ごめんよ、お腹が空き過ぎて…。」

これにはバクも反省して、今まで以上にこまめに働くようになりましたが…。ダヤンが居眠りをしようとする度に背後から襲いかかろうとするバク。これにはダヤンも恐怖に怯え、しばしば友人の家に泊まるようになります。

ダヤン「やらないか。」
マーシャ「こんなこと初めてだけどいいんです。僕、ダヤンさんみたいな人、好きだから…。」
ダヤン「嬉しいこと言ってくれるじゃないの。こうなったらとことん喜ばせてやるからな!」


ところがダヤンの脳裏にはバクの顔が…。そのため眠れなくなってしまいます。

その後も友人の家を転々とするも熟睡出来ないダヤン。そのため自宅に戻ります。

バク「良いのか?ホイホイ帰ってきて。俺はどんな夢だって食っちまうバクなんだぜ!?」

ところがバクは夢を食べられなかったため、諦めてダヤンの家を出て行ってしまった後。

それ以来、ダヤンは毎晩のように悪夢にうなされる日々。

それから数週間後、予期せぬ出来事が…。

バクから手紙が。彼は南の島で夢を食べすぎて逆に太ったようです。そして、

バク「ダヤンがこの笛を吹いたらいつでも戻ってきます。」

※まさかのマグ○大使ネタ!

「猫のダヤン」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「猫のダヤン」第4話「バク、ダヤンにホイホイついていく!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「猫のダヤン」第3話「ダヤン、誕生日を奪われると」(ネタばれ注意)
【アニメ】「猫のダヤン」第2話「ダヤンの誕生日」(ネタばれ注意)
【アニメ】「猫のダヤン」第1話「ダヤン、わちふぃーるどへ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「猫のダヤン」公式Webサイト