バドミントンの国・地域別対抗戦、男子トマス杯の準決勝が23日行われ、日本代表が大会6連覇を目指した中国代表を3−0で下し初の決勝進出を果たした。中国メディア・捜狐は、世界バドミントン連盟の公式サイトが「日本が、同大会における中国の10年間にわたる統治を終わらせた」と評したことを報じた。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

バド、日本は中国に破れ準優勝

ざっくり言うと

  • 24日、バドミントンの女子ユーバー杯決勝で、日本が中国と対戦した
  • 1−3で敗れて、33年ぶり6度目の世界一には届かず、準優勝だった
  • 中国は2大会連続13度目の優勝となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング