1打差の2位Tの成田、メジャー制覇に続き逆転で今季2勝目を狙う!(撮影:ALBA)

写真拡大

<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目◇24日◇中京ゴルフ倶楽部石野コース(6,459ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」の2日目。トータル2アンダー10位タイからスタートした成田美寿々が6バーディ・3ボギーの“69”をマーク。トータルスコアを5アンダーまで伸ばし、首位と1打差の2位タイに浮上した。

 この日の成田はアイアンショットが好調。序盤から多くのチャンスを演出し、前半にスコアを2つ伸ばしてバックナインのプレーに入ると、14番から連続バーディを奪取。この時点でスコアを6アンダーまで伸ばし単独首位に浮上した。
 しかし16番からまさかの連続ボギーで足踏み。最終18番では「最後は締めていこう」と気持ちのこもったセカンドショットでバーディを奪ったが、首位と1打差の2位タイで予選ラウンドを終えた。
 成田は今季の国内メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」でメジャー初優勝。1週のオープンウィークを挟んで臨んだ「全米女子オープン」最終予選会でもトップ通過を果たすなど、今最も勢いのある選手の1人だ。
 成田本人も「こんなに上手くいくことは今までなかったです」と現在の好調ぶりを実感。そしてだからこそ、「(こういう状態が)年に何回も来るわけではないので、この波が来ている内に優勝争いしたいですね」と強い気持ちで優勝争いに臨んでいる。
 「混戦だから1打落とすと順位も大きく変わる。明日は簡単にミスしないようにマネジメントしたいです」最終日は最終組の1つ前でラウンド。持ち前の爆発力と勢いを武器に「ワールドレディス」から続く出場2試合連続優勝を狙っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
止まらないアマチュア旋風!堀琴音が1差2位タイで最終日へ
横峯さくら、“ミセスV”へ好スタート!首位と1差5位タイ
女子プロの秘蔵写真を公開!「写真館」
AKBグループのあの子がゴルフに関するナゾを徹底検証
口コミ投稿であの人気ボールが当たる!