写真提供:マイナビニュース

写真拡大

埼玉県宮代町の東武動物公園で、5月2日にアメリカビーバーの3つ子の赤ちゃんの誕生し、5月下旬より巣の外に出て来園者の前に姿を現すようになった。

赤ちゃんは、父親のヨウと母親のミナの間に誕生。5月2日に握りこぶし程度の大きさで生まれた3兄弟は、母親の乳を飲んで順調に成長している。これまで木の枝に囲まれた巣の中にいて姿はまだ見られなかったが、5月下旬より母親のまねをして泳ぎの練習をするようようになり、姿を見ることができるようになった。

ビーバーは夜行性のため、大人のビーバーでも15時過ぎでないと巣を出ないため、仲良く泳ぐビーバー一家の姿を見るには、夕方ごろがねらい目だ。