「火怖い」放火魔の耳を疑う供述

ざっくり言うと

  • 2012年に大阪府で起きた連続放火事件の裁判が、13日に行われた
  • 被告は「火が怖いから、建物から炎が噴き出しているところは見たくない」と語った
  • 「火をつける行為に酔いしれていただけだ」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング