店内の様子。

写真拡大

サントリー酒類は2014年5月23日、都内に約30の店舗を展開する日比谷Barと共同でサントリー白州蒸留所(山梨県北杜市)の世界観が楽しめる「日比谷BAR WHISKY−S II(ウイスキ−ズ・ツー)」を銀座にオープンした。

ウイスキーに合う、山梨県の名産品を使った料理

入口の天井や壁には貯蔵庫をイメージし、ウイスキー樽を設置。緑と茶色を基調とした店内にはウイスキー熟成の様子を表現したディスプレイをはじめ、南アルプスの森や尾白川といった白州の豊かな自然の写真を展示するなど、"森の蒸留所"白州蒸留所をコンセプトにした空間となっている。

また、蒸留所がある山梨県の名産品を使用したメニューのほか、「鰆の塩マリネ」や「紫蘇べったら漬け」などウイスキーに合う料理を楽しむことができる。