5月19日、『THE ICE 真夏の氷上祭典2014』の記者会見で、浅田真央(23才)は来季1年の休養を宣言した。5才で始めたスケート。小さい頃は365日滑っても平気だった。しかし…、

「正直、彼女の腰は限界を超えています。佐藤信夫さん(72才)がコーチになってから“20才を超えたら週1回は休むべきだ”と主張しても、浅田選手は頑として受け入れなかった時期もありました。しかも毎日4時間と佐藤コーチが決めた練習量よりも、浅田選手は自主的にトレーニングをこなしたり…。正直、体はもうボロボロの状態だと思います」(フィギュア関係者)

 フィギュアスケーターは年齢が上がれば上がるほど腰痛の人が多くなる。まずはジャンプ。着氷する時、ひざには体重の3〜5倍の負荷がかかるといわれているが、腰への負担も同様だ。また、片足を手で持ってあげるビールマンスピンなどのスピンも腰痛を引き起こすといわれている。

 また「心の負担」について、浅田は会見でこうも話していた。

「小さな頃は試合も自分の姉と競い合って負けたくないっていう気持ちでやってきましたけど、シニアに上がるようになって、試合もたくさんプレッシャーもありましたし、すごく神経を集中させて練習もしていた」

 あるスポーツ紙記者が言う。

「特にバンクーバー五輪からソチ五輪までの4年間が彼女にとっては苦しく、大変な日々でした。最愛のお母さんの死があり、練習を巡っても佐藤コーチと当初はぶつかり、なかなか思うような成績を残せませんでしたし…。ずっとスケート漬けの毎日で、全てがスケートのための時間だっただけに、恋愛もしたいでしょうし、普通の大学生に憧れるのはごく当たり前のことです。今は心理学に興味を持って学校生活を楽しみにしているようですね」

※女性セブン2014年6月5日号