捜査局の取り調べも「ASKA対応」

ざっくり言うと

  • 覚醒剤所持容疑を否認し続けていたASKA容疑者が、一転して容疑を認めた
  • 取り調べは「彼の功績から心情を揺さぶるスタンスで攻める」とのこと
  • 各界を巻き込んだ大スキャンダルに発展する可能性が出てきている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング