歯科の不十分な滅菌、危険な実態マイナビニュース

歯科の不十分な滅菌、危険な実態

ざっくり言うと

  • 多くの歯科で、医療機器の減菌処置が不十分な実態が明らかになった
  • 歯を削るドリルの柄の部分を患者ごとに交換している機関は、34%に過ぎない
  • B型肝炎などの、院内感染が起こる可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング