保険の見直しや掛け捨てへの変更だけではダメ! 金持ち家族に共通の当たり前の保険ワザとは?

写真拡大

「保険は3年前に見直したから大丈夫!」「効率がいい掛け捨てに変えて保険料は安くなったのでOK」なんて、思っていたら大間違い。ここから保険をどうするかが、金持ち家族と貧乏家族の分かれ道。金持ち家族がやっている当たり前の保険ワザをデータとともに紹介しよう。

1回の保障額の見直しで満足する貧乏家族!
住宅ローンでの保障減額は金持ち家族の鉄則!

 Q25は男性の死亡保障額の平均額の調査結果だ。毎年減額傾向にあり、最新の13年の調査では、男性は平均して死亡すると1882万円出る生命保険に加入していた。07年は2382万円だったのでわずか6年で500万円も減っている。

 背景には収入の伸び悩みによる保険のスリム化、死後のことよりも現在を重視する姿勢(医療保険へのシフト)、ムダな保険はいらないという情報が広まったことが挙げられる。

 賢い金持ち家族が増えたように思えるが、まだまだ不十分。子どもが成人したら保障を減らすなど、ライフステージに沿って保障額を見直すことが金持ち家族への第一歩だが、FPの江原さとみさんは「死後、本当はいくら必要か、そのうち保険でいくらカバーするかという視点がまだ欠けています」と指摘する。

 特にサラリーマンなら、死んだ場合、残された家族には子どもの数に比例して遺族厚生年金が支給され、日常生活を支えてくれる。勤務先が死亡退職金の出る会社なら、保障額はその分減らしてもいい。住宅ローンの残債は団体信用生命保険で完済されるのでゼロになる。

 つまり住宅ローンを組んだら、その分の保障額を減額するのが鉄則なのに、「若い頃に加入した保険を放置している人が後を絶たない」(江原さん)という。

 また1882万円という平均額が妥当で、保障額の目安になるかといえば、そうとは限らない。深野さんは「本当に2000万円も必要な人は多くない。3000万円以上の高額な保険は、相続税の節税対策用で加入している人も少なくない。こうした契約が平均額を押し上げている。この数字を見て、自分の保障額も平均額まで増やさないといけないなどと思わないで」と注意を促す。

 こうしたことからも、一般的なサラリーマンで2000万円以上の保障額は過剰で、貧乏家族である疑いが強い。

 では、保険料はいくら払っているのか。Q26は年収別の毎月支払っている保険料。平均額と、その3年前との比較も調べた。以前よりスリム化は進んだが、年収300万円未満でも6割が月額1万円以上の保険料、平均で1万4000円も払っていた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)