「1年のうち、ローランギャロス(全仏オープン)開幕前の1週間が、一番忙しいんだよ。大会プレビューをたくさん書かなくちゃいけないからね」

 フランスの権威ある日刊スポーツ紙『レキップ』の記者はそう言うと、テニスコートとプレスルームの間をせわしなく往復しては、小まめに上司に電話を入れている。そんな記者の口からは、しきりに「ニシコリ」の名が発せられた。

「ニシコリの代理人とは、どうすれば連絡が取れる?」
「ニシコリのコーチやトレーナーに取材したいんだ」
「マイケル・チャンの話は聞けるかな?」

 同紙の記者としてテニスを25年間取材し続けているビンセント・コネット氏は、全仏オープンの注目選手として、錦織圭の特集を組む計画を立てているのだと言う。

 なぜ、錦織なのか――?

 コネット氏は派手な身振り手振りつきで、文字通り口角泡を飛ばしながら、その理由を熱っぽくこう語った。

「だって、彼は今年のクレーコートシーズンで最も活躍した選手のひとりじゃないか! バルセロナで優勝し、マドリッドでは準優勝。しかも決勝では、ナダルをもう少しで倒すところまで行ったんだ。プレイスタイルもユニークだし、興味深い。ケイのライバルの若手たちはみな、大柄でサービスが速い。対してケイは、とても動きが速く強烈なカウンターの持ち主。対照的なライバルの対決は、見ていてワクワクするだろう?

 それにね、彼は僕の予想をことごとく覆(くつがえ)してきたんだ。僕はテニスのエキスパートを自負しているけれど、正直、5年ほど前から、今後はどんなに才能のある選手でも、小柄ではトップには行けないと思っていた。でも、僕は間違っていた。さらに僕は、ケイはクレーでの活躍は無理だと思っていた。それも間違っていたわけだ」

 自分の「間違い」を嬉しそうに話すコネット記者の興奮は、そのまま、テニスファンや関係者たちの高揚感と重なるものだ。ちなみに、『レキップ』紙が選出する「年間最優秀アスリート」の歴史を振り返ると、過去10年間でロジャー・フェデラー(スイス)が3回、ラファエル・ナダル(スペイン)が2回受賞している。『レキップ』はテニスを重んじる新聞であり、フランスという国もテニスへの熱量と理解度の高い土地柄だ。その国のテニス好事家やジャーナリストたちが、今、最も熱い視線を送るのが、錦織圭なのである。

 錦織に寄せられる期待の波とは、新世代が上位陣を追いあげ、世代交代を成そうとする、その勢いを反映したものでもあるだろう。

「同じ選手ばかりが優勝している」と言われて久しい男子テニスは、たしかに2005年以降のグランドスラムを見てみると、2005年全豪のマラト・サフィン(ロシア)、2009年全米のファン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、そして今年1月の全豪を制したスタニスラス・ワウリンカ(スイス)以外はすべて、いわゆる「ビッグ4」が独占してきた。フェデラーとナダルの2強時代から、そこにノバク・ジョコビッチ(セルビア)とアンディ・マリー(イギリス)を加えた4強への支配層拡大が、この10年で見られたほぼ唯一の、上位勢の地殻変動である。グランドスラムに次ぐグレードの「マスターズ大会」のベスト4も、ほぼビッグ4の指定枠だった。

 だが今季、その盤石の地盤に最初に穴を開けたのが、錦織だ。3月のマイアミ・マスターズでフェデラーを破ってベスト4に進出すると、2週間前のマドリッド大会では、決勝でナダルを6−2、4−2まで追い詰めた。さらには錦織に感化されたかのように、先週のローマ大会では、23歳のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が、揃ってベスト4入りを果たしている。

 それらクレーで快進撃を見せる新世代の3選手とは対照的に、全仏8回の優勝を誇るナダルの前哨戦での成績に、今季は異変が現れている。これまで8度制してきたモンテカルロ大会とバルセロナ大会で、いずれも準々決勝敗退。マドリッド大会は錦織の棄権により優勝したものの、先週のローマ大会でもタイトルに手が届かなかった。「キング・オブ・クレー」が見せた思わぬもろさが世代交代への予感を喚起し、錦織を中心とする新世代のヒーロー待望論へとつながっている。

 若手の台頭、あるいは下剋上を求める世間の機運は、ナダルやジョコビッチらトップ選手も、痛いほどに感じているようだ。

「錦織は、世界1位になれると思うか?」

 そう問うスペイン記者に対し、ナダルは、「僕は性急に誰かを持ち上げたり、逆にすぐに地面へ突き落すような評価は好きではない」と前置きした上で、こう続けた。

「ケイがトップ選手のひとりになることは間違いないだろう。このまま今のレベルを維持できれば、1位候補であることは間違いない」

 また、「彼は信じがたい選手だ。今年のロンドンのマスターズカップ(年間上位8選手のみが出場できる大会)に出場するのは、間違いないだろう」とのお墨付きも与えている。

 同時に「世代交代」に関しては、それは時代の必然だという視座も示した。

「若い選手が台頭するのは、普通のこと。むしろ、過去5〜6年間のように、同じ選手が勝ち続けることが普通じゃなかったんだ。ディミトロフ、ラオニッチ、そして錦織は若く、とても優れた選手たち。彼らがこれから先の5〜6年間、大きなタイトルを勝っていくだろう。僕らは、この位置に永遠にいられるわけではないからね」

 対して、ナダルより1歳若く、ナダルよりも「ビッグ4」の地位に座した時間も短いジョコビッチは、錦織ら新世代の挑戦を、どこか楽しみにしている風がある。

「新しい選手が台頭してくるのは、テニス界全体にとって良いことだよ。ケイはマドリッドの決勝で、人生最高のテニスをしていた。ケガをしたのは本当に残念。ディミトロフやラオニッチも良いプレイをしているし、新顔が大きな大会で上がってくるのは楽しみだ」

 同時にジョコビッチは、冷静に現状を分析した上で、後進への警戒心も深めている。

「たしかに今、テニス界は転換期に差し掛かっている。新しい選手がトップ15やトップ10に入ってきているしね。でも、最も難しいのが、その先の『トップ5』に入っていくことだ。5位以内に入るには、常に高いレベルを維持し、ケガにも強くなくてはいけない。もちろん、ディミトロフ、ラオニッチ、そして錦織は非常に優れた選手たちだ。彼らが僕らにとって、驚異であることは間違いない」

 今季から錦織のコーチを務め、17歳の時に全仏オープンで史上最年少優勝を果たしたマイケル・チャンは、香港の地元紙の取材で錦織の可能性を次のように語っている。

「グランドスラムの優勝は、十分に可能なことだ。ケイはこれまでに、グランドスラム優勝者や準優勝者を倒している。その経験は、『彼らを倒せたのだから、俺だって彼らと同じような成果を挙げられるはずだ』という自信をケイに与えるだろう。ケイはここまで、素晴らしいクレーコートシーズンを送ってきた。バルセロナで優勝し、マドリッドでは準優勝。できることなら、その歩みの中から、より多くの武器を自分の物にしてほしい」

 もしチャンが、自分の願いが錦織に届くか否かに気を揉んでいるようなら、それはまず、杞憂だろう。そのような師の願いは、錦織の心身隅々にまで沁み渡っていることが、先週の電話会見での言葉からも伝わってきたからである。

「マイケルのアドバイスのお陰で、僕のテニスも変わってきています。フォアとバックの両方で、コートに入って打ち切ることができるようになった。それに今回(マドリッド大会で)特に感じたのは、大切なポイントで落ち着いてプレイできるようになり、無駄なミスがなくなったこと。これは集中力や経験も大きいと思います」

 5月25日に開幕する全仏オープンに向けても、錦織は次のように自分への期待感を口にした。

「クレーで結果が出ているので、全仏は楽しみ。ケガ(股関節やでん部)を治すのが一番ですが、ベスト8やベスト4に入るのが、まずは目標です」

 錦織自身が楽しみにする全仏での活躍を、今や世界も、心待ちにしている。

 錦織のレビューを書くため奔走した『レキップ』の記者も、次は大会期間中に「ニシコリ躍進!」の記事を書くことを、楽しみにしていることだろう。

内田暁●文 text by Uchida Akatsuki