今後電子マネーを使う頻度“増えると思う”21.8%ーオウチーノ総研調べ

写真拡大

オウチーノ総研は、首都圏に暮らす20〜69歳の男女559名を対象に、「『増税』に関するアンケート調査」を実施、結果を公表した。調査期間は、2014年5月1日(木)〜5月2日(金)。

増税後、買い物をする際に電子マネーを使用する頻度は増えたかという質問には、18.8%が「増えた」と回答し、64.8%が「以前と変わらない」と答えた。また、増税後、買い物をする際にクレジットカードを使用する頻度は増えたかと聞くと、10.9%が「増えた」と回答し、69.6%が「以前と変わらない」と答えた。

今後買い物をする際に電子マネーを使用する頻度は増えると思うか尋ねると、21.8%が「増えると思う」と答え、59.7%が「変わらないと思う」と答えた。また、買い物でクレジットカードを使用する頻度は増えると思うかという質問には、17.0%が「増えると思う」、65.8%が「変わらないと思う」と回答した。

普段交通機関(電車、バスなど)を利用する際に電子マネーと切符のどちらを使用しているかという質問には、48.5%が「電子マネーのみを使用している」、27.5%が「主に電子マネーを使用している」と答えた。また、普段交通機関を利用する人に、増税後交通機関を利用する際に電子マネーを使用する頻度は増えたか聞くと、73.2%の人は「変わらない」と答えたが、「増えた」と答えた人も24.8%いた。

今後交通機関を利用する際に電子マネーを使用する頻度は増えると思うか尋ねると、普段電子マネーを主に使用している人では34.4%の人が、電子マネーと切符を同じ頻度で使用している人では42.6%が「増えると思う」と回答した。主に切符を利用している人では「増えると思う」と回答したのは8.2%だった。