手持ちのスマホで来訪者を動画で確認!(写真は、「VL‐SWD701KS」。左から「カメラ玄関子機」「モニター親機」「ワイヤレスモニター子機」)

写真拡大

パナソニックは、家じゅう「どこでもドアホン」の新たなラインナップとして、DECT準拠方式のワイヤレスモニター子機の動画化を実現したことに加えて、手持ちのスマートフォンでも来訪者を動画で確認できるようにしたドアホン「VL‐SWD701」シリーズを、2014年6月12日に発売する。

モニター親機には、約7型ワイドタッチパネル液晶を搭載。玄関先のようすを広角映像でとらえ、大画面で確認できる。また、画面をワンタッチするだけでズームアップが簡単にできる。

留守中に来訪者があった場合は、別売りのSDメモリーカードに来訪者の姿を動画(1件約30秒)で保存。さらにインターネットに接続すれば、手持ちのスマートフォンなどの携帯端末に静止画をメール転送できるので、外出先でも来訪者が確認できる。

窓センサーやドアセンサー、電話機・ファクス、センサーカメラなどの機器と連携できる。

オープン価格。