ASKA、長期間の「依存状態」か

ざっくり言うと

  • ASKA容疑者の毛髪から、覚醒剤の陽性反応が出ていたことが23日分かった
  • 警察は、ASKA容疑者らが長期間に渡り覚醒剤を使う、依存状態だったとみている
  • 毛髪には、覚醒剤使用の痕跡が数ヶ月以上残る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング