10人の脚本家が手掛ける1話完結ドラマ『おやじの背中』が7月からTBS系で放送される。

同局のドラマ枠『日曜劇場』で放送される同作。10人の脚本家による父と子を描いた10話のオリジナルストーリーを10組の俳優が演じる。プロデューサーは、『オヤジぃ。』『パパはニュースキャスター』『カミさんの悪口』など多くのホームドラマを手掛けた八木康夫。

同作で脚本を手掛けるのは、池端俊策、井上由美子、岡田惠和、鎌田敏夫、木皿泉、倉本聰、坂元裕二、橋部敦子、三谷幸喜、山田太一。出演が発表されているキャストには、池端の作品に出演する大泉洋、岡田の作品に出演する田村正和、鎌田の作品に出演する渡瀬恒彦、中村勘九郎、倉本の作品に出演する西田敏行、坂元の作品に出演する役所広司、満島ひかりが名を連ねている。

すでに撮影を終えたという坂元の作品は、役所演じる元プロボクサーの父と、父の指導を受けてオリンピックを目指す満島演じる娘との関係性や、勝負の世界で生きる父と娘の葛藤を描く。鎌田の作品は、かつて対立していた渡瀬演じる父と中村演じる息子が、亡き母を想いながら秩父を巡る巡礼の旅を描いた物語となる。