「ハロハロ 白くま」

写真拡大

ミニストップは、夏季限定スイーツとして親しまれている「ハロハロ」の第2弾「ハロハロ 白くま」を、2014年5月23日から順次発売する。価格は290円。

第1弾には4月から、「ラムネ」「宇治金時」「トロピカル」を販売している。

少し酸味を加えた練乳風味のシロップがアクセント

鹿児島県発祥の氷菓として人気の高い「白くま」をイメージし、"ハロハロ20年の歴史で最もフルーツ感が感じられるフレーバー"に仕上げた。

ハロハロとは、タガログ語で「混ぜこぜ」という意味で、フィリピンの代表的なかき氷デザートのこと。中に入れる食材に特別な決まりはなく、色や食感、味の異なるいろんな甘いものとかき氷を混ぜながら食べる。ミニストップでは1995年から夏季限定で販売している。見た目からおいしさが感じられるよう、トッピングの彩りにこだわり、パインとみかんの2種類のフルーツに、あずき、赤いゼリーを加え、楽しさを演出した。最後までおいしく食べられるアクセントとして、少し酸味を加えた練乳風味のシロップを使用。トッピングのソフトクリームバニラ、練乳をかけた盛りだくさんのフルーツとともに、"ハロハロ版の白くま"が楽しめる。

130万食限定。