『円卓 〜こっこ、ひと夏のイマジン〜』

写真拡大

行定勲監督の新作映画『円卓 〜こっこ、ひと夏のイマジン〜』が、6月21日から全国で公開される。

【もっと写真を見る】

『さくら』『きいろいゾウ』『ふくわらい』などの作品で知られる西加奈子の小説『円卓』を原作とした同作。大阪の狭い団地で7人の家族と暮らし、孤独や人と違うことに憧れを抱く小学3年生のこっこを主人公に、様々なことに疑問を抱き、幸せな毎日が疎ましくて仕方がないこっこが、クラスメイトや家族、学校の先生らに見守られながら成長していく姿を描く。

「普通」が大嫌いな主人公・こっこを演じるのは映画初主演となる芦田愛菜。さらに、こっこが誰よりも信頼する吃音の親友・ぽっさんを伊藤秀優、こっこたちを優しく見守る担任の先生・ジビキを丸山隆平(関ジャニ∞)、こっこの父・寛太を八嶋智人、母・詩織を羽野晶紀、祖母・紙子をいしだあゆみ、こっこが家族の中で一番尊敬し、こっこに「イマジン(想像すること)」という言葉を教える祖父・石太を平幹二朗、こっこの三つ子の姉・理子、眞子、朋美の3役を青山美郷が演じる。