「富士飛行社」

写真拡大

富士急行は2014年7月、山梨県富士吉田市の富士急ハイランドに、富士山の大自然の魅力を体感できるフライトシミュレーションライド「富士飛行社」を開業する。

直径20メートルの巨大スクリーン

飛行訓練にも使われている精密な動きの座席が、その周囲を取り囲むように半球体構造になった直径20メートルの巨大スクリーンが連動し、座席に着いた客はスクリーンに映る富士山周辺のフライト映像にまるで本当に飛んでいるかのような錯覚におちいる。

また、様々な仕掛けにより風や香り、そして水しぶきなどを肌で感じられるようになっており、リアルさにこだわった、「五感」で体感できるアトラクションになっている。