薬物逮捕のASKA 活動再開はあり得るか?【今後を占う】
 こんにちは。エル・アシュールです。今回は覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕されたCHAGE and ASKAのASKAさんのホロスコープを読んでみました。

⇒【画像】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=95384

 芸術的で感受性豊かな魚座の太陽に、音楽を司る海王星と成功と発展の星・木星が調和。カリスマや権力の星・冥王星が180度。ミュージシャンとしての成功を約束されたような出生図の持ち主です。

 一方で、魚座の支配星でもあり、彼のホロスコープでも強い影響力を発揮している「海王星」はお酒やドラッグを意味する星。これは、アーティストとしての才能を表す一方で、感受性が鋭く、ロマンチストで、快楽に溺れやすい傾向を暗示しています。

 センシティブな心を紛らわすために、お酒や薬物の力を借りると、それに依存し、抜けだせなくなる危うさを秘めた人です。

 このように、もともと、薬物に関わりやすい傾向に加え、2013年の春頃から、今年の4月頃まで、魚座の太陽の真上を海王星が通過し、さらに薬物と密接に関わりやすい時期でした。

 ちょうど、疑惑の起こった昨夏も、まさにこの運気の真っ只中。

 このとき、薬物とキッパリ手を切ることができれば、今回の逮捕は避けられたかもしれませんが、それには、星の配置的にも非常に困難な時期でした。

 今回の逮捕を受け、所属レコード会社はCD・映像作品の出荷停止と回収、全ての楽曲や映像配信停止を決定したとのことですが、彼の出生図の社会的地位や名誉を表す場所には、変化の星・天王星が接近しています。

 これは、地位やキャリアが一変することを暗示します。文字通りひっくり返るのです。

・平社員がいきなり、役員に大抜擢
・ある日突然、ブレイクして、「時の人」となる

 といった場合もあれば、

・今までの地位や名声を失い、転落

 ということもあるのです。

◆人生を立て直し 活動再開もあり得る

 さらに、このコラムでも何度かお伝えしたグランドクロスと呼ばれる4月末に起こった天体の十字形の影響も、如実に受けています。

 仕事や健康運に強い影響を与えている山羊座の火星の上に冥王星が通過し、さらにグランドクロスの4つ星から刺激されていました。

 これは、健康面や仕事面に破壊的なことが起こることを示す配置です。これが、逮捕という形で出たのでしょう。

 ここ数年は、強運の星のもとに生まれた彼にとっても、人生の大転換が起こりえる要注意の時期でした。

 逮捕は、ファンや関係者にとっても、衝撃的ですが、星の配置から見ると、ちょうど、今、現在は、彼の人生を混乱させ、薬物への依存度を深める一端となった通過の「海王星」が太陽から、離れはじめ、人生を立て直すには良い時期です。

 加えて、今年の7月には、出生図の12年サイクルのスタートとなりますので、スムーズに新たな人生へと移行しやすく、それをバックアップする出来事や人にも恵まれます。

 天頂の天王星通過は、よくも悪くも、人生を一変させますが、魂レベルでみると、本来の自分自身、本質に目覚める時期でもあります。

 アーティストとしての資質と運には非常に恵まれていますので、今回の件をきっかけに天から授かったギフト(才能)を再確認して、「海王星」の力を「薬物」ではなく、芸術や感性として生かせば、活動再開は大いにあり得るでしょう。

<TEXT/エル・アシュール>