<関西オープン 事前情報◇21日◇六甲カントリー倶楽部(7,037ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「関西オープン」が兵庫県にある六甲カントリー倶楽部を舞台に5月22日(木)から4日間の日程で開催される。昨年ベストアマチュアに輝いた大堀裕次郎が今年はプロとして今大会に出場する。その大堀が練習ラウンドを行い、最終調整をした。
大堀裕次郎のプロフィールなどここからチェック!!
 昨日アウトコース、今日インコースと2日かけて18ホール回った大堀。コースの印象は「コースが広くてラフも短い。僕にとってやりやすいと思う」と手応えを掴んだ様子。
 練習ラウンドでは昨年の決勝ラウンドでも同じ組だった池田勇太と回り、「バンカー等の様々な場面での打ち方を教わった」と色々吸収しているようだ。池田も「大堀から来てくれるからね。来るものは拒まない。何かしら参考になればいい。アマチュアからプロになり勢いだけでは厳しくなったときにサポートできれば」と可愛がっている。
 今大会からアイアンを代えたという大堀、「あまりアイアンとか代える方ではないけど思い切って。新しくして抜けがよくなった」と早速新アイアンの効果を感じている。
 今大会には大堀の出身校である大阪学院大学の選手が多数参戦。月曜日にアマチュアの最終予選会を突破した4人を含め総勢7人が本戦に出場する。そのことについて「後輩には負けられない」と力強くコメント。持ち前の飛距離を武器に、先輩としてプロとして格の違いを見せ付けたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
世界ナンバー1陥落のウッズ、今季中の復帰は不可能か
【舩越園子コラム】J・スピースの育て方、石川遼の育ち方。
女子プロの秘蔵写真を公開!「写真館」
ゴルフ好きの美女が集合!美女ゴ
口コミ投稿であの人気ボールが当たる!