「一流とはどういうことか」を読書から学ぶという町田樹選手

写真拡大 (全2枚)

 ソチ五輪の昨シーズン、芸術性の高い演技と、個性豊かな語録で注目を集めたフィギュアスケートの町田樹選手。五輪には遠いと思われていた“第6の男”の位置から一気に駆け上がりソチ出場、続く初出場の世界選手権では銀メダルを獲得した。“結果を出す男”“言葉を持っている男”の哲学とは?

「競技も人生も、本にインスパイアされてきた」と語る町田選手に、本と、フィギュアと、町田樹の深い関係を聞いた。(後編:人生編)

* * *
■“一流”から学ぶ 本番で力を発揮する方法

 言葉を大事にするという町田選手は大の読書家である。『エデンの東』や『白夜行』など、愛読書からインスパイアされたプログラムを披露してきた。選手としての姿勢や生き方も、本から学ぶことが多いという。

「一流とはどういうことか、ということをよく考えます。僕はフィギュアスケーターとしても、人間としても一流になりたい。そのためにいろんな考え方や生き方を知りたくて本を読みます。

 たとえば『外科医 須磨久善』(海堂尊著)は折にふれて読み返す大切な本です。須磨先生は日本初の心臓難手術『バチスタ手術』を行った方。海堂さんは大、大、大好きな作家さんで、ほぼすべての本をハードカバーで持っている。須磨先生ご自身が書かれた『タッチ・ユア・ハート』ももちろん読みました」

 上記の本から学んだのは試合に臨む心構え、精神の落ち着かせ方。『チーム・バチスタの栄光』のモデルにもなった天才外科医の極意を、町田選手はどうやって自分のものにしていったのか。

「須磨先生は手術前に、あらゆる事態を想定すると書かれています。そうすると自ずと悲観的な考えになるのですが、悲観的なイメージを出し切ることで、次第にポジティブな方向へと変わっていくと。『手術前の扉に立つ瞬間には、絶対に成功するイメージをつかめるように流れをもっていく』と『外科医 須磨久善』にはあります。

 僕は以前は、試合前に、あの選手に勝つためにはジャンプの失敗は一回までとか、これくらいのスコア出さないと次につながらないとか、かなり考えていたんです。でも須磨先生の本を読んだこともあり、昨シーズンからは、練習と試合では“意識をスイッチ”するようにしました。

 練習では他選手を思い切り意識するし、スコアのことも緻密に考える。だけど、試合になったら一切忘れる。自信のあるプログラムを、心をこめてみなさまに届けることに一意専心する。練習の時はスポーツ選手だけど、試合では演技者として氷に立つようになりました。

 他にもいろいろ影響を受けています。僕の知ってる一流の方は“空間”を大切にしています。須磨先生も、場所や建築にこだわった病院を建てている。僕にとっても部屋は精神状態を表す鏡です。部屋が乱れているときは、たいてい僕の心が乱れているんですよ。

 そういうときは、心を整えなきゃと頑張るより先に、部屋を片付けちゃう。部屋がきれいになると心に作用して、おのずと落ち着いてくる。試合前などはホテルの部屋も自分のポリシーでいい空間に設えています」

 フィギュアスケートの練習にも本の影響があるという。ファンならご存知の町田選手のコンパルソリー練習。昨シーズン、町田選手が練習に取り入れたフィギュアスケートの基礎練習だ。

「須磨先生に限らず、偉人たちは基礎や初心を大切にしています。僕は伸び悩んでいた時期に何かを変えないといけないと考え、もう一度、基礎を学び直すことにしました。土台を広く頑丈にすれば、その上に積み重ねられるものが増えると考えたのです」

■嫌い嫌いといいながら、嫌いなものを食べつづける

 心臓外科医の頂点に至った須磨氏だが、初めてバチスタ手術を行った患者は手術後に死亡。大いなる悲嘆にくれた。だが須磨氏は諦めなった。須磨氏を慕う町田選手の場合はどうか。スポーツにはつきものの“失敗”への対処方は。

「失敗は成功のもと、と当たり前のように言われますが、本当にその通りだと思います。20年のスケート人生を振り返ると失敗の方が多い、というより、失敗だらけ。だから落ち込んでいるわけにはいかないんです。スケートに限らず、どんなに努力して準備しても、結果を完全にコントロールすることはできません。成功したとしても、自分でつかみとった面もあるでしょうが、偶然性も否定できない。

 だから僕はこう考えるようにしています。起こってしまったことは偶然かもしれないけど、そこから何かを学び取ることは必然だと。そしてこの考え方も海堂さんの作品から学びました。

 僕の場合は、なぜ失敗したかを分析して、同じ失敗をしないように心掛けます。言ってみれば一つの失敗は、同じ失敗をしないための失敗。一つ失敗することで、失敗をする可能性が一つ減ったと考える。一方で、成功の後は必ず落とし穴が待っています。これは僕の甘さゆえでもあるのですが。だから昨シーズンは、グランプリシリーズで優勝してもすぐに優勝は捨て去ったし、世界選手権の銀メダルにも依存してはいけないと考えています」

 他の愛読書を問うと、口をついて出くるだけでも東野圭吾、沢木耕太郎、『たったひとつの冴えたやりかた』で知られるSF作家・ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、ヘーゲルの哲学書まで幅広い。ノンフィクションや新書も読む。この“懐の深さ”は、町田選手を理解する一つのキーワードのようだ。

「僕のポリシーは何でも読むし、最後まで読む。まず、読み始めたら最後まで読みます。じゃないと次にいけない性格(笑)。だから、僕の趣味にあまり合わなかった本も、95%理解不能でも、悪態をつきながらでも読む。そうすると後に、あの時読んだ言葉ってこのことだったのかなとふと気付く瞬間があるんです。たまにですけど。

 ジャンルも選びません。どんな登場人物も物語も受け入れられないということはほとんどありません。好き嫌いがないのは本に限ったことではないですね。食べ物にもない。子供の頃は刺身が苦手だったのですが、嫌い嫌いといいながら食べているうちに好きになっていました。

 人間関係でも、苦手だなと思う人がいたら、あえてコミュニケーションをとって、なぜ自分が苦手と感じたのか知りたいと思う。いろんな人の考えを知って刺激を受けたいし、そうすることで自分の考えが構築されていくのが心地よいんです。

 ただ弊害もあって、一貫性が薄れる場合もある。一年前の発言と違うじゃないか、と思われる方がいらっしゃるかもしれません。それは人やもの、そして本に影響されて僕自身が変わっていっているからで、ご理解いただけたら幸いです(笑)」

■プロフィール
町田樹(まちだ・たつき)
1990年神奈川県川崎市生まれ、広島市育ち。関西大学在学中。3歳よりフィギュアスケートを始める。高橋大輔選手に憧れ高校、大学と同じ道を歩む。2013-14シーズンの世界選手権は羽生結弦選手(優勝)に0.33点の僅差で2位。趣味は読書のほかに音楽鑑賞、ファッション、紅茶

■撮影/山崎力夫