2007年に日本女子ツアー参戦を果たした原江里菜。名門・東北高校出身で、ふたつ上の先輩には宮里藍が、同級生には有村智恵がいる彼女は、プロ1年目から実力の高さを存分に披露した。デビュー2戦目で単独2位に輝くなど、30試合に出場して7試合でベスト10フィニッシュ。ルーキーイヤーで賞金ランク19位という好成績を残して、見事シード権を獲得した。

 2年目(2008年)は、さらに躍動した。安定したゴルフでコンスタントに結果を残し、8月のNEC軽井沢72では念願のツアー初優勝を飾った。常に上位争いに顔を出して、賞金ランクは10位に浮上。宮里藍、横峯さくららに続くスター選手として、同い年の有村とともに脚光を浴びた。

 だが、一層の飛躍が期待された3年目(2009年)、初戦のダイキンオーキッドレディス、3戦目のヤマハレディースで2位タイという好結果を出しながら、その後は連続して予選落ちを喫するなど、好不調の波が目立つようになった。最終的にはルーキーイヤーの7試合よりも多い、12試合(34試合出場)で予選落ち。賞金ランクも、有村が3位と大躍進する一方で、原は25位に止まった。

 するとそのまま、原は下降線をたどっていった。有村が優勝を重ねてスター選手への階段を着実に上っていくのとは対照的に、2010年シーズンは32試合中20試合で予選落ちし、賞金ランクは82位まで急降下。ついにシード権まで失ってしまった。悪い流れは、QT(クォリファイングトーナメント)18位で何とか出場権を得た2011年シーズンも変わらなかった。10試合連続の予選落ちという屈辱まで味わって、原の姿は完全に表舞台から消えていった。

 原がスランプに陥った原因は、スイングに悩んだことだった。プロ2年目で優勝し、「優勝した選手に見合った自分じゃなきゃいけない」と思って、結果ばかりを追いかけてしまったという。おかげで、自分のスイングを見失ってしまったのだ。

 どん底を味わった原だが、2011年シーズン後のQTでやっと復調の兆しを見せた。見事1位で通過してシード権を得た。そうして、2012年、2013年は、優勝には手が届かなかったものの、賞金ランク38位(2012年)、32位(2013年)と、一時の不振からは脱した。

 森守洋コーチの下、スイング改造に着手。その成果がようやく実を結び始めたのだ。そして迎えた今季、いよいよ完全復活しそうな予感である。

 開幕からここまで10試合に出場し、すべて予選突破。そのうちトップ10入りが5回と、上位争いにも再三加わっているのだ。結果、5月20日現在、賞金ランクは5位、メルセデスランキングにいたっては堂々の1位(各試合の順位や出場ラウンド数をポイントに換算し、総合的な活躍度を評価したもの)。6年ぶりのツアー優勝を飾るのも時間の問題と言えそうだ。

 原がここまでの結果を残せている理由を、森コーチはこう語った。

「オフの間に掲げた今季の目標は、『予選落ちしないこと』と『実力の底上げ』のふたつでした。そのために、まずは体をより強くするトレーニングを続けてきた。それによって、インパクトゾーンを長くするスイングができるようになった。つまり、アイアンの"ライン出し"ショットが正確になったことで、ショットのばらつきが少なくなりました。だから、今季は開幕から予選落ちがありません。ようやくシード選手としての力がついてきたと思います」

 確かに、平均ストローク3位、パーセーブ率(パーかそれより良いスコアを獲得する率)2位、リカバリー率(パーオンしないホールでパーかそれより良いスコアを獲得する率)2位と、原のゴルフの安定感が増していることは、こうした数字を見ても明らかだ。

 原自身、その辺は自覚している。

「ショットがよくなって、大きなミスがなくなりました。ハーフショットをする際にも、(狙いどころまでの)ラインがしっかり出せるようになりました」

 そうなると"完全復活"には、森コーチが言うように「あとは結果を出すだけ」だ。が、原は決して焦ってはいない。

「(優勝という)大きな結果がほしいのは、もちろんあります。でもそれは、焦っても仕方がないこと。今のゴルフを続けていけば、自ずと結果はついてくると信じています」

 それでも原には、できれば手に入れたいものがある。全英リコー女子オープン(7月10日〜13日/イギリス)の出場権だ。

 宮里や有村と同様、原もプロになったときから、米ツアーで戦ってみたいという目標がある。そのためには、日本でそれなりの結果を出してからでないといけないと思っているが、それが決して遠い先の話ではないという手応えを感じ始めているのだろう。ゆえに、その前に海外のメジャーという舞台を経験しておきたい、という思いがあるのだ。

 肝心の全英女子の出場切符は、中京テレビ・ブリヂストンレディス(5月23日〜25日/愛知県)終了時点の賞金ランク上位5名に与えられる。現在、原の賞金ランクはぎりぎりの5位。これ以上、順位を落とさないために、同大会でも上位争いに加わっていくことが求められる。

「(賞金ランクのことは)あまり意識しないようにやっていきたいけれども、なんとか自分の力で全英女子の出場権を手にしたい」

 完全復活まで秒読みの原。地元開催の中京テレビ・ブリヂストンレディスで6年ぶりの栄冠を獲得し、全英女子出場という目標を確定させても"出来過ぎ"ではないだろう。

野崎 晃●文 text by Nozaki Akira