航空機の病原菌は1週間も生きる?

ざっくり言うと

  • 病原菌が航空機内で最大1週間も生存できる可能性があると20日、発表された
  • アメリカのオーバーン大学が、MRSAとO157について研究したもの
  • MRSAは7日間、O157は4日間生存した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング