客席にキスマイ全員が!? ジャニーズがジャニーズを観に行くワケ
<ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ>

 知ってました?

 フクロウって、首を180度回すことができるんですよ!

 なんでも眼球を動かせないので、首をグルッと回して背後を確認するのだそうです。さらに鳥類としてはめずらしく夜目がきき、獲物や危険もぬかりなく察知する。

 こんなことができるのはフクロウだけかと思われましたが、なんとジャニヲタもこの能力を発揮する場面があったのです!

 それは、コンサートの見学者チェック!!

 ジャニーズタレントの公演には、しばしば同じジャニーズのタレントが見学に訪れます。「えっ? ジャニーズがジャニーズを観に行くの?」と思われるかもしれませんが、見学も重要な社交のうち。

◆「見学ジャニ」を見逃すな!

 ジャニーズによるジャニーズ見学には、主に以下のようなパターンがあります。

1) 後輩ジャニが勉強のため先輩ジャニを観にくる。
2) 先輩ジャニが激励を兼ねて後輩ジャニを観にくる。
3) 同じ会場での公演を控えたジャニが観にくる。
4) 親しい間柄のジャニが応援がてら観にくる。
5) 新番組など告知のあるジャニが宣伝がてら観にくる。
6) 時間に余裕のあるジャニが見学芸として観にくる。

 例として、2)は『Endless SHOCK』の座長・堂本光一さんが後輩ユニット・ふぉ〜ゆ〜(ジャニーズJr.)の公演を観に来るとか、4)ならKis-My-Ft2がA.B.C-Zの舞台を観にくるような場合が挙げられます。

 ジャニヲタは、誰が見学に来てくれたかをチェックして、「○○さん、約束どおり観にきてくれた!」と感激したり、「△△くん、もう2回目だね」などと好もしく思ったりする。また、思いがけず私服姿をチェックできたり、舞台上のジャニに声援を送る姿を見られるのも、見学ジャニがもたらしてくれる大切な楽しみです。

 いずれにしても、ジャニがジャニを観にくるのはヲタとしても嬉しく、ちょっとトクしたような気になるもの。

 で、見学ジャニが席に着くのは、たいてい客電が落ちるまぎわ。

 その瞬間、ジャニヲタはフクロウ人間となり、関係者席に意識をこらします。

ありえない方向に首をひねり、あるいは暗がりに目を光らせて、約束の地に座るべき人を見定める……。

「あッ、キスマイだ! それも7人全員!!」なんてときの高揚感は言わずもがな!

……なので、関係者席がギリギリまで空いていると、ヲタの胸は期待に膨らみます。ゆえに、ほどなく招待客とおぼしきスーツ姿の紳士らがうやうやしく案内されてくると、ちょっぴり残念に思ってしまうのです。

 湘南の生しらすがいつでも獲れるわけではないように、見学ジャニもいつもいるわけではありません。ジャニの公演に赴く際は、うっかり見学ジャニを見のがすことのないよう、関係者席にも気を配っておきたいものです。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>

【みきーる】
編集者&ライター。出版社勤務を経て、2000年に独立。ふだんは『週刊アスキー』などパソコン誌や女性誌、ウェブサイトで編集・執筆。著作に『ジャニヲタあるある』『ジャニヲタあるある フレッシュ』『ジャニヲタ談話室!』など(イラストはいずれも二平瑞樹)。ジャニヲタ歴は、約20年。KinKi Kidsの担当に始まり、現在はグループを問わず応援する“事務所担”。mixiコミュニティ“ジャニーズチケットお見合い処”管理人。Twitterアカウント:@mikiru