「アナ雪」劇場減少も興収上昇、世界歴代5位「アイアンマン3」超え目前。

写真拡大

大ヒット中の映画「アナと雪の女王」が、公開10週目となる5月17日(土)、18日(日)に動員59万2,173人、興行収入8億0,710万7,900円を記録し、週末興行成績ランキングで1位を獲得した。

前週に比べスクリーン数が703→670スクリーンに減少するも、興行収入は前週比109%と驚異的に上昇。他を寄せ付けない勢いで、5月18日(日)までの累計動員は1,459万0,425人、興行収入は185億2,947万5,200円を達成している。

また、全世界興行収入では、この日本の大ヒットを受け、12億0,632万3,000ドル(※1,218億3,862万3,000円/1ドル=101円換算・5月19日現在)を突破し、世界歴代興行収入5位の「アイアンマン3」(12億1,543万9,994ドル)を来週にも抜くことが確実視されている。