●ヘッドフォンアクター

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー(小桜 茉莉):花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ(九ノ瀬 遥):宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ(鹿野 修哉):立花慎之介
ヒビヤ(雨宮 響也):富樫美鈴
セト(瀬戸 幸助):保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣
ヒヨリ(朝比奈 日和):小岩井ことり
ケンジロウ(楯山 研次朗):藤原啓治

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●プロローグ
文化祭で急遽特別企画をすることになった榎本貴音(エネ)。

ケンジロウに恨み節を語るものの…。
●閃光のエネ
ケンジロウ「射的なんてどうだ?景品はプライスレスで!」

※面白いんでしょうか?

彼の非現実的な妄想はともかく、何かを閃いた榎本貴音。

※彼女はオンラインガンアクションゲームでの上位ランカーだったりします。

その彼女が考え出したのは自作のガンアクションシューティングゲームの開発。

短期間で開発した割に結構出来は良さげ。

「閃光のエネ」という異名は伊達では無い、そんな感じです。
●名も知らぬ出会い
文化祭にやってきた木戸 つぼみ(キド)。榎本貴音にゲームで挑戦!このゲームはガンアクションのはずですが、

榎本貴音「日本刀!そんなの選べた!?」

慣れない日本刀での攻撃に対しても、辛うじて勝利した榎本貴音。木戸 つぼみの存在、それは誰も気付かず。

「閃光のエネ」の名声、それは瞬く間に知れ渡り彼女への挑戦者続出!

結局彼女は軽く20連勝し、漸く片付いたと思いきや、最後の挑戦者は、

青年「あんた、弱いよ。プレイも雑だし。」

そんな挑戦者の挑発に乗せられた榎本貴音ですが、初めて土が付きます。

プライドを失った榎本貴音。その代わり彼女は、

楯山文乃「貴方、父から聞いていた通りですね。」

ケンジロウ(楯山 研次朗)の娘だそうです。そして先ほどの無礼な青年の名前はシンタロー(如月 伸太郎)。

ここから約2年後が本作の舞台となるようです。

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第5話「引○籠もりと記憶喪失」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第4話「答えの無い迷宮」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第3話「モモ、シンタローと再会!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第2話「モモ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第1話「シンタローとエネ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト