「デスノ」前後編を地上波放送、共通点多い「モンスターズ」公開直前。

写真拡大

俳優の藤原竜也が主演する映画「MONSTERZ モンスターズ」の公開まで約10日と迫る5月19日より、「DEATH NOTE デスノート」シリーズが日本テレビでオンエアされる。前編は19日25時59分から、後編は26日25時59分から。

「MONSTERZ モンスターズ」と「DEATH NOTE デスノート」、2つの作品にはいくつもの共通点がある。

「DEATH NOTE デスノート」の夜神月(やがみライト)は、名前を書いた人間を死なせることができる死神のノートを使って犯罪者を次々と抹殺。人間の死を操ることで理想の世界を作り上げようとするダークヒーローだ。一方、「MONSTERZ モンスターズ」の“男”は、まなざしひとつで人間を自由自在に操れる能力を持つ。“男”は自分の世界を守るためなら、どんな残酷なことも辞さない。

また、対決の構図も鮮明だ。「DEATH NOTE デスノート」で、夜神の前には名探偵・L(松山ケンイチ)が立ちはだかり、壮絶な頭脳戦が展開される。「MONSTERZ モンスターズ」では、驚異の回復力と強靭な肉体を持ち、その力が全く通じない“終一”(山田孝之)と出会うことで、ふたりの“モンスター”の生き残りをかけた肉弾戦が幕を開けるのだ。

藤原本人も2つの作品の類似性について、「『DEATH NOTE デスノート』は国境を超えて観てもらえた大事な作品です。『MONSTERZ モンスターズ』で演じた“男”は、特殊な能力を持ち孤独に生きている。日々が自己確認であり、自分の存在を証明するために目で操り生きてきた男。『DEATH NOTE デスノート』ではLとの頭脳戦でしたが、2人が戦っている感じが『MONSTERZ モンスターズ』とも似ていますね。究極の闘いの最後はどうなるのか、最後まで見届けてもらえたら嬉しいです」とコメントしている。

映画「MONSTERZ モンスターズ」は5月30日(金)新宿ピカデリー他全国ロードショー。

☆「MONSTERZ モンスターズ」ストーリー

ひと目見るだけで、すべての人間を思いどおりに<操れる男>と、唯一<操れない男>。対立する能力を持って生まれた宿命の二人が出会ってしまった時、生死を賭けた壮絶な激闘が幕を開ける。

操れる男は、必要な時だけ力を発揮し、たった独りで静かに生きてきた。彼は絶望の闇に包まれた孤独な人生が、死ぬまで続くと思っていた。唯一操れない相手が目の前に現れるまでは――。彼の名は、田中終一。普通の青年にしか見えないが、彼もまた特別な能力を秘めていた。瀕死の重傷や病気も数日で完治する。驚異の回復力と強靭な肉体を持っているのだ。男は思い通りにならない終一に怒りを燃やし、彼の大切な人を死に追いやる。復讐を誓う終一と、終一の抹殺を決意する男。男は自由自在に大群衆を操り、終一は独りでそれを迎え撃つ。果たして、生き残るのはどちらか? そして、闘いの果てに明かされる、驚愕の結末とは――?