終盤で苦戦し惜しくも優勝を逃した柏原明日架(撮影:ALBA)

写真拡大

<ほけんの窓口レディース 最終日◇18日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,314ヤード・パー72)>
 今季2人目、史上5人目となるアマチュアでのツアー制覇は達成できなかった。

 国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」の最終日。単独首位から出た18歳のアマチュア、柏原明日架は1バーディ・4ボギーの“75”とスコアを3つ落としトータル4アンダー6位タイで競技を終えた。
 「朝からいつもとちがう緊張感で思ったより体が動かなくて…」、男女混合で争われた英国の大会、「ジュニアオープン選手権」を制したスーパーアマも追いかけられる立場での最終日最終組はさすがに精神的にこたえた様子。そして昨日は勝負どころのパットをことごとく決めたが、この日は「チャンスも5回ぐらいあったけど自分のミスで外してしまって」とパットで流れに乗れず、それが後半はショットにも影響してしまいスコアを崩してしまった。
 2度目のチャンスだったが「改めてこういう状態での難しさが分かりました。精神的に苦しくて気の抜けるホールは1つもなかった」と唇を噛んだ柏原。「アクサレディスの時より粘り強いプレーが出来なかった」、前回は楽しさもあったが、今回は悔しさばかりが残ってしまった。
 「まだ練習が足りないですね。できる、と思っていたことが今日はできなかった。常に同じようにプレーするのが目標なのに」と自らに足りない部分を痛感。「気持ち的にも上を目指さないといけないと思いました。プロテストや主催者推薦の試合に向かって、今回悔しい思いを次につなげて頑張りたいです」。優勝はできなくとも、今回もまた大きな経験を積むことができた。これでまた柏原は強くなれたはずだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
イ・ボミが逆転V!「熊本の試合があったから今日のプレーがあった」
柏原明日架、単独首位で最終日へ!「普通に自分らしいゴルフを」
口コミ投稿であのボールが当たる!ここからチェック
AKBグループのあの子がゴルフに関するナゾを徹底検証
女子プロたちの秘蔵写真は必見!「女子プロ写真館」