「V-Strom1000 ABS」(キャンディダーリングレッド)

写真拡大

スズキは2014年6月4日、長距離ツーリングが快適に楽しめる大型二輪車で、海外で高い評価を受けている新型「V-Strom(ブイストローム)1000 ABS」を発売する。メーカー希望小売価格は140万4000円。

1036cc水冷90度V型2気筒エンジンを搭載

街中から高速道路、山岳路まで、長距離ツーリングでのさまざまな状況に対応できるスポーツ・アドベンチャー・ツアラー。

「ワイルド&スマート」をデザインコンセプトに、冒険をイメージさせる力強く野生的な造形と、軽快さを表現したコンパクトでスマートなスタイリングが特徴で、フロントには、1988年に発売した「DR750S」のイメージや、縦型2灯ヘッドライトを採用した。

エンジンは、低中速域での力強さと扱いやすさを高めた、1036cc水冷4サイクル90度Vツイン(V型2気筒)DOHC4バルブ。3段階のモード選択機能が付いたトラクションコントロールシステムを備える。

広い前方視界を確保する直立した乗車姿勢と、高さや角度を調整できる可変大型風防により、長距離走行での疲労に配慮。また、ギヤポジション、平均燃費、航続可能距離など、多彩な情報を表示できる機能的な液晶メーターパネルを装備する。

車体色は、赤「キャンディダーリングレッド」、黒「グラススパークルブラック」、白「パールグレッシャーホワイト」の3種類を設定した。