『35歳からの女性が活きる仕事術』(文芸社)

写真拡大

人材派遣会社のパソナは、35歳前後の女性社員を集めて「働くオトナ女子応援プロジェクト」を始めた。求職者への仕事案内やカウンセリングのノウハウと、プロジェクトメンバーの声を集めて、働く女性を「応援」している。

2014年5月16日の動画番組「J-CAST THE FRIDAY」では、プロジェクトメンバーの大谷悠さんを招いて、10日に発売された新刊『35歳からの女性が活きる仕事術』(文芸社)を紹介する。

パソナ派遣の半数が「35歳以上の女性」

パソナには年間10万人の求職者が訪れる。パソナの人材派遣で働く人の9割は女性で、そのうち35歳以上は6割にのぼるという。結婚や出産、育児などを経てキャリアを磨いていく彼女たちを応援するため、「働くオトナ女子応援プロジェクト」は始まった

子育てと仕事を両立するシングルマザー、東日本大震災を機に実家のハーブ園を継いだ女性、「受付」の専門学校をつくろうと奮闘する女性――同書には人材派遣を経験した10人の実例が紹介されている。

J-CAST麹町スタジオからの配信。番組はニコニコ生放送で昼12時半から生中継する。放送終了後にはYouTubeでもアーカイブを配信予定。