優待株とトヨタを買うだけで資産は増える! 有名女性優待ブロガーに学ぶ二刀流投資とは?

写真拡大

安い時期に買っておき相場の回復に乗る。言うは易し、行なうは難しの投資を実践できた主婦の投資手法を紹介しよう。その内容はとにかくシンプルで、誰でもできる投資法だ。

優待株に分散し継続保有すれば
その中から必ず大化け銘柄が出現!

 愛知県の主婦で優待ブログも評判のようこりんさん。2013年の日経平均の上昇率57%に対し、ようこりんさんは13年に資産を2倍の約5000万円まで増やすのに成功した。

 資産倍増の原動力は「優待目当てで100銘柄以上を継続して分散保有したこと」だという。優待を実施するのは基本的に業績がよく株主還元に積極的な企業なので、優待銘柄のパッケージは市場環境がいい時には、日経平均を上回る成績を得られるというわけだ。

 銘柄選びでの買い判断のハードルも決して高くない。基準は。丕釘20倍未満(20倍以上の場合は増益基調の会社)、直近7年間で営業赤字がないという2点だけ。

 むしろ大事なのは損切りだという。ただし「買値から○%下落したら」というルールではなく、業績悪化でPERが割高になるか否かという基準で売却している。

「購入価格を基準にしたら、将来性のある銘柄をちょっとした地合いの悪さで手離すことになり、値上がりチャンスを失います。優待銘柄は業績に自信のある企業の比率が高いので、分散保有していれば大化けが必ず数銘柄は出てくる。それらが資産全体を牽引するのです」(ようこりんさん)

相場の雰囲気が最悪な時にだけ
迷わずトヨタ自動車の株を買う!

 優待株以外で常時ウオッチしているのがトヨタ(7203)。最初に資産を1000万円から2500万円まで増やし優待株の原資を作った銘柄だ。

 地元企業ということもあり、その絶対的な企業力は肌身で知っている。そこで編み出したのが、日経平均の暴落やトヨタ車のリコールなどの悪材料が出てトヨタの株価が大きく下がったら買う、という手法だ。

 チャンスは少ないが、急落時のPER10倍台前半や、時価総額10兆円前後が目安。相場の雰囲気が最悪な時に拾っておくだけだという。

「景気も株価も必ず上向く時が来ると、真っ先に回復するのがトヨタ株。今後も、円高転換など悪材料でトヨタ株が3000円を割るようなら買っておき、景気や業績の回復を待つつもりです」(ようこりんさん)

 ちゃんとした結果を伴っている、ようこりんさんの2刀流投資。アナタも真似してみたらいかがだろうか。

 ところで、今発売中のダイヤモンド・ザイ6月号には、ようこりんさんさんと同様に独自の売買方法を考えて資産を増やした個人投資家が登場し、その儲けワザを惜しみなく公開してくれている。登場しているすべての個人投資家の儲けワザは、ようこりんさんと同様に驚くほど簡単なものばかり。ぜひ、ダイヤモンド・ザイ6月号も参考にして資産増を目指してほしい。

 ダイヤモンド・ザイ6月号は、アマゾン、楽天ブックス(今ならポイント5倍)で送料無料で発売中のほか、全国の書店にも並んでいるので手に取ってみてほしい。