アナ雪が「踊る2」超え歴代6位、映画や音楽に加えおもちゃも好セールス。

写真拡大

大ヒット公開中の映画「アナと雪の女王」が、5月15日(木)付けで累計動員1,391万2,800人、累計興行収入176億8,000万円を突破し、日本歴代興行成績ランキングで「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」(173.5億円)、「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(173億円)を超えて、ついに6位へ浮上した。

映画以外で音楽でもサントラ、カラオケランキングでもチャートをにぎわせているが、物販でも好調で、その勢いが止まらない。

アナとエルサのドレス(発売元:タカラトミー)が非常に好調で、ゴールデンウィークでほぼ完売するほど。追加生産が追い付かず、ディズニー関連の他のキャラクターの年間販売数を、発売からわずか2か月で売り上げてしまった。

また、オラフのぬいぐるみ(発売元:タカラトミーアーツ)は発売からわずか2か月でメーカー出荷が10万個を突破している。

日本歴代興行成績ランキング6位となり、「アナと雪の女王」の上には、残すところ「もののけ姫」(193億円/5位)、「ハウルの動く城」(196億円/4位)、「ハリー・ポッターと賢者の石」(203億円/3位)、「タイタニック」(262億円/2位)、「千と千尋の神隠し」(304億円/1位)の5作品のみ。果たしてどこまで興行成績を伸ばすことができるのか、引き続き注目しておきたいところだ。