アルミニウム製のエンクロージャー(筐体)

写真拡大

三菱化学メディアグループのフリーコム・テクノロジーズ(東京都千代田区)は2014年5月14日から、厚さ9ミリ、重さ29グラムと小型で軽量な外付けSSD(ソリッドステートドライブ)「Freecom mSSD USB3.0」を販売している。

このサイズで256ギガバイトと大容量を持つ。SSDの特長である耐衝撃性やデータ転送速度の速さ(読み込みは秒速420メガバイト、書き込みは秒速340メガバイト)は健在だ。

USB3.0、2.0どちらの環境でも使用できる。

価格はオープン(2014年5月14日時点で、Amazonでは2万4980円)。