もらってもあまりうれしくない花束の金額1位「0円 そもそも花はいらない」

写真拡大

誕生日には年の数だけバラの花をプレゼント、なんてキザな行為がはやった時代もありましたね。いくつになっても、花束をもらうとうれしいものですが、あまりにもしょぼいと「いらない」なんて思ってしまうかも。そう感じてしまう花束の金額について、読者514名に聞きました。

Q.もらってもあまりうれしくない花束の金額を教えてください(単一回答)
1位 0円 38.7%
2位 1円〜500円 22.8%
3位 501円〜1,000円 9.5%
4位 1,001円〜1,500円 7.2%
5位 50,001円以上 5.8%

■0円
・「そこら辺にあるような雑草みたいなもののイメージがあるから」(34歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「そもそも花はいらない」(25歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「道端からちぎって来てなければどれでも大丈夫」(28歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

■番外編:高すぎても困る!?(50,001円以上)
・「高価すぎる花束を貰うと変な勘ぐりやお返しのことを考えてしまいそうなので」(30歳女性/小売店/秘書・アシスタント職)
・「重い、流石にそんな高いものを飾れる家じゃない」(24歳女性/情報・IT/技術職)
・「花束は大好きですが、5万円以上するなら別のものが良かったな、と思います」(31歳女性/マスコミ・広告/事務系専門職)

花束をもらえることはうれしいけれど、さすがに0円のものはちょっと……。雑草を引っこ抜いてきたような印象を受けるようですね。それでも、お花をもらえたら何でもうれしいという意見も目立ちました。何をあげようか迷ったときには、花束を検討するのも悪くないのかもしれませんね。

調査期間:2014/4/7〜2014/4/16
有効回答数:男性147名、女性367名(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

(OFFICE-SANGA)