消費増税で押し寄せる少額支払いの脱現金! 電子マネーを使ってポイントをゲットせよ

写真拡大

消費税が8%になり、小銭で財布の厚みが増したり、レジでもたついたりするシーンが増えている。そんな煩わしさを解消する手段として大きな注目を浴びているのが電子マネーだ。電子マネーは一定の金額をチャージしておくと、あとはレジで専用端末に近づけるだけで、支払代金が引かれて会計は終了。残高が減ってきたら再びチャージすれば何度でも利用できる。電子マネーには専用のカードもあるし、クレジットカード兼用タイプもある。またおサイフケータイ機能が付いたスマホやケータイなら、携帯やスマホにも電子マネーを追加できる。

ランチや散歩のときでも財布は不要、
楽天Edyでポイントをどんどんゲット!

 最近ではランチや散歩などで、財布を持たず電子マネー機能=フェリカが付いたスマホだけを持ち歩く人が増えている。電子マネーはコンビニで使用できる上に、スーパーや飲食店、自販機などでも急速に導入が進んでいるので、ちょっとした外出なら財布いらずでOKなのだ。これだけ便利なのに利用料はゼロ。それどころかポイントが付くオトクな電子マネーも。チャージした分だけ買い物する習慣を身に付ければ支出管理にも使用できるので、ぜひ生活に取り入れたいところだ。

 電子マネーの中でも利便性がよく、使うたびにポイントがもらえるのが楽天Edy。

 楽天Edyは、2010年にビットワレットを楽天が買収したことで楽天グループ入りした電子マネーで、専用カードのほかクレジットカードの楽天カードに楽天Edy機能を付加したもの、スマホやケータイ(おサイフケータイ機能がある機種)に楽天Edyのアプリをダウンロードして利用する、という3つのタイプがある。

 3つめのスマホのケースなら、アプリをダウンロードすればわずか3分後には楽天Edyが利用可能になる。

 楽天Edyは、もともと電子マネーの先駆けで普及率も高い。ほぼすべてのコンビニ、イトーヨーカドーなどの主要スーパー、マツモトキヨシなどの大手ドラッグストア、ショッピングモール、マクドナルドやガストなどの飲食店、高速道路のサービスエリアや主要ホテルチェーンなど生活に密着した多くのシーンで使用可能だ。

 もちろん楽天市場をはじめとしたネットショッピングでの支払いにも使用できる。

 このように多くのシーンがカバーされている楽天Edyだが、チャージの仕方もカンタンだ。現金でチャージしたい場合はコンビニのレジで現金を渡してチャージ。

 さらに、楽天Edy加盟店にはチャージ用の現金入金機が設置してある店舗もあり、そこでもチャージをすることができるのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)