『極道大戦争』に出演するヤヤン・ルヒアン ©2015「極道大戦争」製作委員会

写真拡大

三池崇史監督による新作映画『極道大戦争』の追加キャストが発表された。

【もっと写真を見る】

「世界初の極道ヴァンパイア映画」を謳う『極道大戦争』は、不死身と噂の伝説のヤクザ・神浦玄洋が刺客との闘いで体を八つ裂きにされた末、舎弟の若衆・影山亜喜良の首に突然噛みついて「血の儀式」という洗礼を与えたことから始まる物語を描いた作品だ。神浦に憧れて極道に入ったものの、敏感肌で刺青が入れられず仲間からも馬鹿にされている主人公・影山役を市原隼人が務めることがこれまでに発表されていた。

今回発表されたキャストは、全身凶器の殺し屋で市原演じる影山の宿敵・狂犬役のヤヤン・ルヒアン。実際にインドネシアの格闘術・シラットの達人であるルヒアンは、映画『ザ・レイド』のインドネシア語版でマッド・ドッグ役を演じたことでも知られている。なお同作は今冬完成を予定しており、2015年に公開される。

■ヤヤン・ルヒアンのコメント
今回、日本映画に初めて参加させていただきました。そして、三池監督作品に関われたことに感謝いたします。三池監督は、とても有名で大きな監督で、やはり、大きな方はやることも大きいと実感しました。インドネシアでは、アクション俳優は自分でアクションの振り付けをつくって、振付を練習して、覚え現場で演じるのですが、日本で、現場で、どんどん変わっていく三池監督の演出方法は初めての体験で楽しかったですし、最高の経験になりました。